Google

2007年03月28日

保育園バス乗っ取り事件発生!でも??

“フィリピン・マニラ市の市役所前で28日午前、保育園児31人と保育士3人を乗せた観光バスが武装した男4人に乗っ取られた。犯人は同日午後7時(日本時間同8時)すぎ、人質全員を解放し投降した。けが人は出ていない。
警察によると、4人の男のうち一人はジュン・ドゥカット容疑者。園児らが通う貧困地区の保育園を経営しているという。
同容疑者は今月卒業した145人の子供たちに大学までの奨学金を与えるよう要求。
 男たちはバスのフロントガラスに「手りゅう弾と銃を持ち、子供を人質にしている」などと書いた紙を張りだした。
地元テレビは、バスの中から手を振る園児らの姿を放映した。
 男らは「遠足に行く」として子供たちをバスに乗せ、市役所前でバスを止めたという。現場に駆けつけた園児らの母親の一人は「犯人の男は下院議員に立候補したがっていたので、そのための宣伝では」と泣きながら語っていた。
 犯人側は「友人のラモン・レビリア上院議員と交渉したい」と要求。同議員は要求に応じてバスに乗り込み、説得に当たった。
同国で貧困地区の子供の教育改善を求めて事件が起きるのは異例”
(報知、日刊より抜粋)

今日こちらのテレビ、ラジオはこのニュースでもちきりで
生中継で一部始終報道していた。

しかし、犯人が投降し事件が終わった後、ラジオで子供たちへの
インタビューを聞いていると、ん?と感じた。
何しろ子供達全員が500ペソ持っているのだ。

どうも、「犯人の男は下院議員に立候補したがっていたので、そのための宣伝では」ではなくて
救出成功による人気取りのために説得した議員が仕組んだのでは?
との思いが強くなった。
500ペソは出演料なのかとも感じた。
何しろテレビ生中継である。
これで、いやでも知名度は相当上がったはずである。

もうここまで来るととんでもない茶番である。
多分、犯人の元下院議員も大したおとがめもなく釈放されるだろう。
で、また選挙に立候補するかもしれない。

ほんとうにすごい国である・・・
posted by alu at 23:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 事件、犯罪、被害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
m(_ _)m 応援クリックお願いします m(_ _)m
     
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
ハートスペードダイヤクラブ
ブログランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。