Google

2007年07月29日

ダバオ Part5 フラワー編

今回のダバオ行きでは南国の花も撮って来ました。

南国の花特有の極彩色に彩られた花たちをご覧ください。

まずは、トーチジンジャーという名前の花です。
トーチとはかがり火という意味で、オリンピックの聖火のような感じですネ。
Torch Ginger.jpg


次は、ロブスタークロウです。
ロブスターの爪、という意味だそうです。
調べてみると「ヘリコニア」という名前もあるようですが
詳しくはわかりません。
Lobster@Claw.jpg


さて、このかわいらしい花。
調べてみたのですが資料不足で名前が判りません。
赤紫、オレンジ、黄色、と段々になっているのです。
何か人工的な感じを受けるのですが、ちゃんと一つの茎から咲いているのです。
かわいらしくて不思議な花・・・
どなたか名前等を知っておられましたら教えて下さい。
Image186.jpg

こちらも同様。
紫単色のものもあったり黄色と合わさったりしています。
Image187.jpg


南国の花たち・・・
強い太陽の光を吸収し、強烈に自己主張していました。
posted by alu at 17:48| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月28日

ダバオ Part4 フルーツ編#2 バナナ

山一面バナナである。

アヤラグループが山を借り上げてバナナ栽培をしている。

BANANA.jpg

主に輸出向けなのだが、特に日本向けは規格が厳しく定められ

小さくても大きすぎても不合格となる。

ここでは日本向けは「クラスA」と呼び、規格外のクラスBは中国、韓国等他の国へ輸出されるか国内へ出回る。

クラスAバナナは比国内には出回らないとの事。

日本のスーパーに並んでいるバナナは全てクラスAなんですね。

これがクラスAバナナです↓
Class A Banana.jpg

特別に袋を開けて見せてもらいました。

作っているフィリピン国内では食べられない高級バナナを日本では食べているんですね。

なにか矛盾を感じたのでした。

栽培している人達は食べているのでしょうけど・・・

まっ、味は同じか^^


posted by alu at 11:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月25日

ダバオ Part3 フルーツ編、ドリアン再び!

ダバオ名産の代表格はやっぱりドリアンですね。

軽トラの荷台に乗り、時々舗装された山道を登る事1時間。

アポ山の頂上がかなり近くに見えるところでドリアンの木を撮りました。

DORIAN.jpg

まだ小さなドリアン。

手のひらサイズです!

Image161.jpg

こうして木になっているときはまったく臭いません!

ドリアンってこうして大きくなるんですねぇ。
posted by alu at 22:01| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダバオ Part2、気持ちイイ!

マニラから南南東へ千数百キロ、飛行機で1時間半程のところにダバオはあります。
フィリピン最高峰、2900m級のアポ山の麓。
気候は穏やかで台風があまり来ない事でも有名です。
そして、マニラから赤道へかなり近づくので、さも暑い事と思いきや
これがなんとマニラより涼しいのです。
今日の天気予報でもマニラの最高気温が34度に対しダバオは32度。
2〜3度はいつも違うのではないでしょうか。

また、かの有名なドゥテルテ市長による徹底した統治により
街中の清潔な事はマニラなど足元にも及ばず、いたる所に置いてある分別収集用のゴミ箱は田舎へ行っても見かけるので感心してしまいました。

そしてなによりも治安が抜群に良いのです。
とにかく悪い事をすると、特にドラッグに手を出すと市長命令によるヒットマンによって処刑されてしまうのですからおちおち悪い事をしていられません。
これはこれで賛否両論。
恐怖政治の様相もあるにはあるのですが、女性が一人で夜も出歩ける程に治安が良いのは歓迎ですネ。

人口は現在80万人程度だそうです。
ゴミゴミしたマニラを脱出してダバオに住みたくなってしまいました!

フォルベスリゾートから望むダバオ市内とダバオ湾↓
View Davao City.jpg

posted by alu at 02:18| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

DAVAO行き、Part1。きれいですね! 

フィリピン第2の都市、ダバオへ行ってきました!

とにかくきれいです。

マニラのようなゴミがありません。

ゴミはちゃんと分別収集されているのです。

TORILの浜辺で写真を撮りました。

まずはジェネラルサントス方向を望むビューです↓
Davao galf.jpg

空はあくまで青く、海も穏やか・・・

ここがフィリピンとは思えません。

そしてダバオ湾のビュー↓
View Davao galf2.jpg

マニラで痛めつけられた心を癒して??まいりました(笑)

posted by alu at 20:53| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月18日

垣間見た、この国の教育レベル

今日、仕事が終わり、友人宅(日本人)にお邪魔したところ
友人が憤慨していた。

どうしたん?と聞くと、プライベートスクールに通う小学校1年の娘さんが授業中にまったく答えられなかった所があり、見てみるととても小学校1年生が勉強する内容ではなく、なぜこんな難しい授業をするんだろう、との事。

どれどれ、と教科書をのぞくと・・・
ンッ、こ、これは英語の単語を調べなくてはアッシも判らん。
てな事で、まずは英和辞書と格闘となった。
で、判ったのだが・・・
まずはこの小学校1年生に対する科学(SCIENCE)の問題を見てください。
(面白いのでコピーさせてもらいました)

Concluding the Lesson.
Babies are born from the mother`s womb. Newborns are helpless and their special needs are to be met by their parents and by other older members of the family as well.〜〜とまだまだ続くのです、
要は家族の事に対して書かれているのですが、この文章を読んだ後の問題がすごいんです。

問題の1部
A word which means passing of characteristics from parents to their children?
両親から彼らの子供まで特性が伝わる事を意味する単語は?

答えは
Heredity(遺伝)

これですよ!
まず、グレード1(小1)の子供が読む単語、文章ではありません。
なにしろ英語の教科書を見せてもらうと、Nick, this is my teacher Mrs Karen. などと人を紹介する会話の仕方などを学んでいる最中。
そんな子供に上のような文章を理解して答えろ、と言うほうが無理ですよね。

そこにこの国の教育レベルを見たような気がしたのです。
チグハグなのです。
これでは結局判らないまま進んでしまいます。
こんな難しい授業は高学年で行い、もっと小1に相応しい事柄を勉強させた方が身につくのに、と思った次第。

しかし、でも、こちらの小1はこれが理解できるのが普通だったりして・・・
となると、比の教育恐るべし、となるのだが。。。
posted by alu at 23:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月15日

はじめて見ました・・・

またまたフルーツネタです。

今日、カビテにある知合いの家に行った。

で、何気なく外の様子を見ていたら、ある木が目にとまった。

実が上の方になっているけどヤシの木ではなさそうだ。

だいたい葉っぱの形が違う。

実のなり方がヤシの木と同じだけど随分小ぶりの木である。

高さは4メートルほどか・・・

そして近くの人に聞いてみたところ、「パパイヤだよ」という返事。

いや〜、驚きました。

私はマンゴーのような感じで木になっている、というイメージを持っていたんです。

すぐ写真をとりました。

Papaya.jpg

みなさんは知ってました?パパイヤの木って。

恥ずかしながら私は初めて見ました。

何年比に居るのでしょう・・・(T_T)

posted by alu at 00:17| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月11日

マニラの邦人男性、義理の娘を殴って死なす・・・

痛ましい事件が起きてしまった。
以下、 YOMIURI ONLINEから。

"フィリピン警察当局は10日、フィリピン人妻(23)の子供で義理の娘にあたるケイト・ジュリアちゃん(4)を殴って死亡させたとして、マニラ市在住、飲食業、塩沢敏之容疑者(39)=東京都出身=を殺人容疑で逮捕した。
 調べによると、塩沢容疑者がジュリアちゃんを自宅で素手で殴った後、8日夕に具合が悪化。病院に連れて行ったが、9日午後に死亡した。病院が体に多数の血腫(けっしゅ)を見つけ、警察に通報した。
 塩沢容疑者は「日本に連れ帰るため、しつけの一環でたたいたことはあったが、殺すつもりはなかった」と殺意を否定している。警察では、塩沢容疑者が日ごろから平手やベルトで殴っていたとみている。
(2007年7月10日21時51分 読売新聞)”

フィリピン国内ではテレビ等でいち早く報道され、皆一様に「信じられない、なぜ子供を・・・」という言葉とともに「これだから日本人は・・・」という感想を持ったようだ。

フィリピン人は子供やお年寄りに対し特に優しい。
普段神風運転のドライバーも子供やお年寄りが道路を横断し始めると必ず止まる。
教会でお年寄りのためにサッと席を譲るのを見た事がある。
それがまたすごく自然なのだ。
他の事はさておき、こういう国民性なので今回のような出来事はとても奇異な事と目に映るらしい。

昨日だか一昨日だか、日本で1歳と4歳の子供を道連れに女性が電車に飛び込み無理心中したというニュースが有った。
生活を苦にしての事らしいが、このような痛ましい心中話はフィリピンでは私の知る限り聞いた事はない。

今回の子供さん、日本で無理心中の子供さんの事を考えるとほんとうに胸が、心が、痛い・・・

人生を強制的に終わらせられてしまった、それも親から・・・
そんな痛ましい子供達のご冥福を心よりお祈り致します。
posted by alu at 01:31| Comment(6) | TrackBack(0) | 事件、犯罪、被害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月09日

初トライ!ドラゴンフルーツ

ドリアンの臭い話題から一転、おいしい話題です!?

以前、スターフルーツと紹介してしまった果物、実は「ドラゴンフルーツ」だったんですね。
そして1つ買ってみました。

Dragon Fruit.jpg

切ってみると、、、
こんな感じ↓
Cut Dragon Fruit.jpg

で、食べてみました。
食感は瑞々しくて「なし」をやわらかくした感じ。
口の中でとけるようでほんのり甘く、細かい黒いタネ?がプチプチとしてなかなか美味!
南国の果物の、これでもか、と自己主張する感じが無くて、なんだか上品な味、と感じました。

ドラゴンフルーツ、やみつきになるほどではありませんでしたが
南国にこんな上品な果物もあるのだ、と認識させられたのでした。
日本でも売っているのかなぁ・・・






posted by alu at 22:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

きたない話題ですみません・・・

ドリアンで「くさい話題」の次は「きたない話題」ですみません。
我々男性ががおしっこをするときに御世話になるものです・・・
(きたないなんて言ったらバチがあたるかしらん)

最近、フィリピンのデパートやゴルフ場等に行って小用をもようしてトイレ(CR)に駆け込むと不思議な光景に遭遇する。
って大した遭遇ではないんですが・・・

それは、水道管がつながれてない(外してしまっている)んです、小便器に。
で、「水は絶対に流さないで」と表示してある。
これで年間ウン千リッターの水が節約出来るとか書いてある。

なんでも化学的な処理が施され、臭いも出ず清潔な便器なんだそうだ。
「バイオトイレ」とでも言いましょうか、Made in KOREAのようです。

これが写真です(今回は小さく掲載しますけど写真をクリックすると大きくなると思います)

Urination CR.jpg

しかし水を使わないせいか、やはり少し臭うような気がします。
これ、日本では見たことが無いんですが、本当に清潔なんでしょうか?
いつも少し抵抗を感じつつ「御世話」になっておるんであります。
posted by alu at 16:33| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月07日

果物の王様??ドリアン

Durial1.jpg

ドリアンである。
「果物の王様」と言われている・・・
しっかしくさい!!
売場にも香りが漂っている。
食べるとアイスクリームのようだ、と言う人がいるが私はとても食べる気がしない。
昨日MALL OF ASIAの「SMハイパーマーケット」へ行ったら置いてあったのだ。
で、下の写真も真中はドリアンであるがその右側の緑色の丸い果物、これは「マラン」といってドリアンほど強烈ではないがこれもくさい。
マランは食べた事がある。
甘いのだがやはり少しくさいのでマイッた記憶がある。

Durian2.jpg

日本にはない果物、ドリアンとマランでした。
posted by alu at 09:51| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月05日

??専門技能職は求人難??

前回「大学は出たけれど・・・」と失業問題をアップしました。
しかし今朝のマニラ新聞には「求人難」の記事が・・・
以下抜粋です。

"労働省(DOLE)は四日、労働雇用統計局が実施した2006年第四四半期の雇用調査の結果に基づき、首都圏の大企業が広範囲な職種に渡って人材不足に直面している事を明らかにした。
・・・学生や若年労働者に対して必要とされる技術や資格の取得は自分自身のためだけでなく、産業や経済のためにもなると学習を呼び掛けた・・・
人材不足の職種としては、会計担当者、プログラマー、エンジニア、財務アナリスト、ヒューマンリレーション担当者、情報技術者、弁護士、マネージャー、看護士、販売・マーケティング要員などが多かった。業種別に見た人手不足の職種は>鉱山・採石業=地質研究者、鉱山技師 >製造業=組立工、コンピューター・デザイナー、技師、機械整備工、溶接工、安全管理者 >公共部門=電気技師、保線工手、機器操作員 >建設業=建設技師、機械取り付け工、配管工、技能工、TIG溶接工、メッキ工 >卸売・小売業=総務担当、アーチスト、パン職人、薬剤師、衣料専門販売員、企画・価格決定専門家、技術助手 >ホテル・レストラン=ヒューマンリレーション担当職、部門担当管理職、レストラン店長 >交通・倉庫・通信業=会計主任、機械工、情報専門職 >金融仲介業=保険数理士、会計検査職、経理担当者、プログラマー、社債・株式担当者 >不動産・レンタル・ビジネスサービス業=建築士、技師、環境専門職、教育・訓練担当者 >保健・社会福祉=医療技師、看護師、一般技術者、臨床セラピスト >その他サービス=製品・サービス管理プログラマー”

〜だそうです。
しかし、これでは結局ほとんどの職種で人材不足ということに事になってしまいます。
100万人以上の大卒者が仕事が無い、と言っているのに、かたやこれですよ。それも同じ労働省からの情報・・・
この国のいいかげんさが判ります。
これだと、これだけの職種に100万人の大学卒業者が当てはまらないという事になってしまいます。
大学でいったい何を勉強しているのでしょう??
・・・
もうまともに考えるのがイヤになって来ました。
ふ〜ん、そうなの。と聞き流した方がいいのかも。
posted by alu at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
m(_ _)m 応援クリックお願いします m(_ _)m
     
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
ハートスペードダイヤクラブ
ブログランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。