Google

2007年07月11日

マニラの邦人男性、義理の娘を殴って死なす・・・

痛ましい事件が起きてしまった。
以下、 YOMIURI ONLINEから。

"フィリピン警察当局は10日、フィリピン人妻(23)の子供で義理の娘にあたるケイト・ジュリアちゃん(4)を殴って死亡させたとして、マニラ市在住、飲食業、塩沢敏之容疑者(39)=東京都出身=を殺人容疑で逮捕した。
 調べによると、塩沢容疑者がジュリアちゃんを自宅で素手で殴った後、8日夕に具合が悪化。病院に連れて行ったが、9日午後に死亡した。病院が体に多数の血腫(けっしゅ)を見つけ、警察に通報した。
 塩沢容疑者は「日本に連れ帰るため、しつけの一環でたたいたことはあったが、殺すつもりはなかった」と殺意を否定している。警察では、塩沢容疑者が日ごろから平手やベルトで殴っていたとみている。
(2007年7月10日21時51分 読売新聞)”

フィリピン国内ではテレビ等でいち早く報道され、皆一様に「信じられない、なぜ子供を・・・」という言葉とともに「これだから日本人は・・・」という感想を持ったようだ。

フィリピン人は子供やお年寄りに対し特に優しい。
普段神風運転のドライバーも子供やお年寄りが道路を横断し始めると必ず止まる。
教会でお年寄りのためにサッと席を譲るのを見た事がある。
それがまたすごく自然なのだ。
他の事はさておき、こういう国民性なので今回のような出来事はとても奇異な事と目に映るらしい。

昨日だか一昨日だか、日本で1歳と4歳の子供を道連れに女性が電車に飛び込み無理心中したというニュースが有った。
生活を苦にしての事らしいが、このような痛ましい心中話はフィリピンでは私の知る限り聞いた事はない。

今回の子供さん、日本で無理心中の子供さんの事を考えるとほんとうに胸が、心が、痛い・・・

人生を強制的に終わらせられてしまった、それも親から・・・
そんな痛ましい子供達のご冥福を心よりお祈り致します。
posted by alu at 01:31| Comment(6) | TrackBack(0) | 事件、犯罪、被害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
m(_ _)m 応援クリックお願いします m(_ _)m
     
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
ハートスペードダイヤクラブ
ブログランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。