Google

2007年09月30日

雨季終盤、Tropical Storm。

マニラは今日もよく雨が降った。

フィリピン気象庁のwebサイトを見ると、Tropical Storm(熱帯暴風雨)となっている。
南西の季節風により、Tropical Stormがほぼルソン全島を覆っている。

雨季も終盤となり、これからは台風や熱帯低気圧による暴風雨が多くなるのだろう。

<フィリピン気象庁webサイト>

フィリピンご在住の方々はくれぐれも台風対策をお忘れなく!
これから本番ですョ。
posted by alu at 23:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一万円入りま〜す!

以前から日本ではマクドナルド等で、客が支払いの時に一万円札を差し出すと、受取った店員が「一万円入りま〜す」と呼称している。

それが最近フィリピンのマクドでも同じように呼称するようになって来た。

当地の最高額紙幣は1000ペソ札なのであるけれど、これで支払いをすると受取ったスタッフが「Received One thousand!」と大きな声で呼称するのだ。

するとマネージャーがやって来て、おもむろにレジに何かを入力している。たぶん枚数のカウントをしているのだろう。

昨日、お昼はマクドで済ませたのだが、あいにく細かいお金の手持ちがなく、現在プロモでちょっと安くなったBIG MAC MEAL(ビッグマックセット)98ペソ(250円位)也の支払いで1000ペソ札を出したら、やっぱり大きな声で「Received One thousand!」である。

1000ペソ札、ローカルではそうやたらに持てないはずのお札なのではあるけれど、日本円で2500円程。

大声出されてちょっと恥ずかしい気持ちがしたのですが、「ローカル」と言っても車でマクドに食事に来るような人々は、1000ペソ札など珍しく無くなっているだろう、と気付いたのでした。
posted by alu at 01:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月28日

フィリピンのビジネス環境評価、ランク低下

 世界銀行とその民間投資部門である国際金融公社(IFC)が発表した世界各国のビジネス環境ランキングによると、フィリピンは昨年の130位から133位にランクを下げた。
 178カ国を対象とした調査で、フィリピンについては、ビジネス規制の分野で改革が遅いと指摘された。ちなみに05年は121位だった。
 ランク低下について世銀の担当者は、多くの国は改革を進めているがフィリピンは何の改革も行われなかったためだと指摘した。
(Manila Times)
<フィリピン・インサイドニュースより>

困るのですよ、こう言う事では。
投資環境を整え常に見直して、企業の発展とそれによる経済向上を図るのが政府の仕事のはずですが、「何の改革も行われなかった・・」とは、まったく怠慢としか言いようがありません。

現地法人がアジア各国にある企業の方も「比国に対しては魅力が無く、今後は撤退も有り得る」と話しています。

中国と違い、この国の弱小経済では国内需要が見込めません。
輸出で企業が生き残るにしても、環境が整備された他国の製品がコスト的に有利となれば、企業の存続意義が無くなってしまうのです。

私が「哀楽駐在員」に成る日も近いのかも知れません・・・
posted by alu at 01:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月22日

かわいいジェシカ(フィリピーナのような笑顔)

先日JALでフィリピンに戻る時に、機内映画で見たんですよ、

<ファンタスティックフォー・銀河の危機>を!

いやぁ〜、それにしても可愛いですよ、スー役のジェシカ・アルバちゃんは!

この笑顔がいいですね。

Jessica Alba.jpg

なんとなく、フィリピーナの笑顔に通じるところがある、と私は思いました。

「Yahoo!映画」を覗いていたら彼女のインタビュー記事が出ていたので、思わずブログアップです。

<ジェシカのインタビュー記事へはこちらから>
posted by alu at 19:29| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月20日

クリスマスですねぇ・・???

いやぁ〜、もうすぐクリスマスです。

って、日本人の感覚ではまだまだなんですが、
フィリピンではもうクリスマスモードに突入です!
FMラジオを聞いていたら、カウントダウンが始まりました。
「Xマスまであと96日!」なんてアナウンサーが絶叫してます。
街道沿いにパロル(Xマス用の飾り電飾)売りが現れました。
夜はもうピカピカと光っています。

それもそのはず。
当地ではXマスが年間最大のイベントなのですね。
知人、友人、隣人、そして親族をどれだけ持て成すかで
その人のステイタスが決まるとか。
なので、借金してまでも盛り上げます。

会社内ではXマスパーティー実行委員会が立ち上がり
今年のパーティーの企画を始めます。
出し物のダンスコンテストに向けて各セクションのグループが
休日等に練習を始めます。

Xマス当日は見事に企画演出されたパーティーが行われ、
日本人責任者達は一様に「あ〜、普段の仕事もこの位キッチリと遅れもなくこなしてくれればなぁ・・」
と、ため息をつくまであと96日です・・・
posted by alu at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月18日

疑惑再び・・大統領の夫

またぞろ出て来ました、こんな話が。

【アロヨ大統領の夫、政府事業で圧力疑惑】
フィリピンのアロヨ大統領の夫ホセミゲル氏が、政府発注事業に絡み国内ビジネスマンに不当に圧力をかけていた疑いが18日、上院特別調査委員会で浮上した。地元メディアによると同氏は17日、目的地を明らかにしないまま出国した。
詳しくはこちらから⇒<msn毎日新聞ニュース>

今回、大統領はどのような態度を取るだろう。
一昨年だったか、夫がフエテン(賭博)疑惑で槍玉に上がった時、
涙を流しながら「家族が引き裂かれるのは心が痛いが職務をまっとうする」と言って、夫を国外追放にした事があった。
しかし、クリスマスにはいつの間にか夫は帰国していて、新聞に「大統領一家、ほほえましく家族団欒のクリスマス」と、一面に写真が載ったりしてしまうのだった。
これで騒がないメディアもメディアだが、そういう雰囲気にしてしまう手腕は大したものだ。
我が日本国の安倍首相など見習っておけば良かったかもしれない!?

今回も「鉄女」の手腕発揮で切り抜けてしまうのだろう。
 
posted by alu at 22:06| Comment(4) | TrackBack(0) | 事件、犯罪、被害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

画期的!狂犬病対策法案

待ってましたよ、このような法律を。

“狂犬病撲滅を目指した共和国法「狂犬病対策法2007」がこのほど成立したのを受け、フィリピン初となる同対策法が来年初めにも施行される見通しとなった。同対策法は予算措置、違反者への罰則を明確化し、在留外国人が同法に違反した場合、国外退去処分を受けることになる”
<日刊マニラ新聞より>

比で犬に噛まれた日本人が2人、狂犬病で亡くなるという事件が以前ありましたが、この事件で日本だけでなく他国からもかなり改善要求があったようです。
今回の法律では犬は必ず繋いで飼わなければならず、狂犬病の予防接種が義務づけられると共に飼い犬の登録が行われるとの事。

そして、放飼いの犬の飼主は罰金刑が課せられ、それが外国人だと国外退去処分となるという、かなり徹底したものになっています。
また、野良犬は捕獲し飼主が現れるか貰い手がつかない場合は3日間の猶予の後、処分となる事になっています。

この国で何が嫌かというと、このお犬様が何処でもウロウロしている事です。田舎はともかくマニラ市街は建物が密集し、そんな中にも犬がウロウロしているんです。きれいになったロハス大通りから一歩中に入ると、それはもうすごい状況です。トライシクルがやっとという道になり、周りは建物で当然糞をする場所など無く、道の真中で糞をします。それをトライシクルやバイクが踏んで行き、強い日光で乾いた糞が風で飛ばされ、雨が降るとそれらが流され広がり、ゴキブリが日差しの中でそれに群がり、そんな道路上で裸足の子供達が走り回り・・・
もう病気にならない方が不思議という状況です。日本人だったらまず住めないでしょう。と言って実はそんなところに約一年居た事があるんです小生は・・・
犬だけでなく、地元のギャングというかチンピラもウロウロ。でも仲良くすると、逆によそ者から守ってくれたりして、夜遅く帰って来ても安全なんです。

まぁ、何はともあれ一歩前進。
あとは何処まで徹底されるかですね。
これが一番心配だったりして。





posted by alu at 22:41| Comment(3) | TrackBack(0) | 社会一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月15日

荒んだ社会、危うく深刻被害に・・・

比国に戻ってからのこの一週間は大変でした。
ほぼ毎日来客の嵐。
昼は打合せ、夜は会食、そしてお決まりの二次会お店巡り・・・
毎晩午前様で、朝は平常出勤、客が来るまでに溜まった仕事をこなして・・(こなしきれず溜まる一方なんですが)
と息つく暇も無く、睡眠時間は2〜3時間位でしょうか。
もうクタクタです。
こんなのも久々。
ブログをアップする気にもなれませんでした。
やっと土曜日で、今日明日は休養です。
でも来週もしんどそうなので気が重いなぁ・・・

と言いながらも小耳に聞いた話をひとつ。
ある日本人が危うく難を逃れた事件です。

その人(日本人)は、深夜帰宅するために車を運転していました。
郊外の道を走っていると、前方右側の道端に男が一人立っているのを発見。
何やら片手を上に上げている。(比は左ハンドル右側通行です)
「なんやおかしなやっちゃなぁ」と思いつつ、その男の脇を通りぬけようとした瞬間、
バシーンと音がしてフロントガラスの右側にひびがはいった。
男が石を投げたのだった。
このやろ〜!
と車を止めて外に出ると、さっきは男が一人だったのに、なんと4人に増えていてこちらに向かって走って来る!
ヤバイ!と思ったその人は慌てて車に飛び乗り急発進させた。

これが事件のあらましなのですが、もしその時に応戦していたらどうなっていたでしょう。
多分、身包み剥がされ、車も盗られていたのでは。
最悪、命までも取られていた可能性も大なんです。

こんな強引な強盗手口は日本では聞いた事もありません。
そして、日本人を狙った事件でもないですね。
誰が運転しているか判らないですから。

それにしても、どうしてここまで強引になるのでしょうか。

当地では貧富の差が激しく、ヘリコプアターでゴルフに行く人が居る中で、食事も満足に摂れない人が大勢います。
なぜそうなのか?
とにかく仕事がないのです。
この国では大学まで出ないと、SMデパートのアルバイトも出来ないのですが、多くの人が貧しいために高校へも行くのを諦めたり、小学校すら行けない場合があるのです。
そのような人は、職を見つけるのはほぼ不可能で、家族親戚又は隣人に食わしてもらう状況になります。
こうなると気持ちが荒み、手っ取り早く稼げる方へ向いてしまうのです。
すなわち強盗、麻薬の密売etc、、、

で、今回の事件のように、車を所有出来る金持ちを襲うという事態になるんです。
結局まともな政治を行わず、国民をおろそかにしているつけが、荒んだ社会となって来ているのです。

フィリピンも大分安全になって来た、という人もいるようですが、
私はまだまだと思います。

posted by alu at 10:49| Comment(6) | TrackBack(0) | 社会一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月10日

それにしても日本は・・・

久々に帰国し、また比に戻って来たのだが、、

日本では台風に歓迎されてしまった。
9号関東直撃である。
東日本を縦断したこの台風は広範囲に被害をもたらし、北海道へと抜けて行った。

さて、それにしても、、、
普段から「フィリピンは〜」と記事を書いているけれど、日本の社会保険庁に対するニュースを見たり聞いたりしていると、日本も似たり寄ったりか、と非常にがっかりする昨今。
一昨日のJ-CASTの記事なんぞ見ると、益々がっかりしてしまう。
なんと、懲戒処分職員が「A評価」なのだそうだ。

<詳しい記事はこちらから>

まったく何時から日本はこんな、なさけない国になってしまったのだ・・・
結局、人の世は何処も同じ、ということか。
「美しい国」どころではない。

まぁ、事が公になって、少しは「浄化」作用が出て来ている分、いくらかはまし、なのかもしれない。
と、気持ちを慰めているのだが・・・
posted by alu at 00:31| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月04日

今夜は雨・・・

今夜は雨である。
って此処はマニラではない、、
東京だ。
そう、いま自分は日本に居ます。

かなり涼しい。
酷暑があったなんて信じられない。
それにしても、かなりの雨である。
マニラだったらあちこち道路冠水ではないか、
等と考えながら車をドライブしていた。

しかし、久々の日本だというのに雨である。
おまけに台風9号が近づいているとかで、
進路図を見ると木曜日の夜半頃に関東地方に接近して来そうだ。

台風に歓迎されそうな日本への一時帰国なのであります。
posted by alu at 23:36| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

日本大使館からお知らせが来ました。

在比国、日本大使館より「台風に対する備え」が発布されましたので、ご参照ください。
以下、原文コピーです。


大使館のお知らせ(台風等に対する備え)

在留邦人の皆様へ


  大使館のお知らせ(台風等に対する備え)



                 2007年 8月31日

                在フィリピン日本国大使館



1.ご周知のとおり、フィリピンは、台風や熱帯低気圧が頻繁に発生する地域にあり、今後、台風シーズンを迎えることから、フィリピン近海で発生した台風が、短時間のうちに大きく発達して、フィリピンに近づくことが予想されます。

 また、昨年の例に照らしますと、9月から12月にかけて、台風がマニラ首都圏に近づくことも十分想定されます。



2.台風や熱帯低気圧の接近に当たっては、強風や大雨に対する注意の他、土砂崩れの懸念や予想される各種交通機関(特に、航空機や船)の混乱等にも注意が必要です。また、マニラ近郊の観光地などでも、豪雨による河川の急激な増水により、中州等に取り残されるという事案も発生しています。

 つきましては、在留邦人の皆様におかれましては、次の事項等に注意するよう心がけて下さい。

(1)台風等に関するテレビ、ラジオ等の報道に注意する。台風情報は、以下のホームページでも入手できます。

 フィリピン気象庁 :http://www.pagasa.dost.gov.ph

 Typhoon 2000  :http://www.typhoon2000.ph

(2)台風の接近が予想される地域では、交通機関の利用に特別の注意を払い、また、屋外での行動を避ける。

(3)家族、友人等身近な人といつでも連絡が取れるようにする。

(4)台風の接近に対する備えを確認する(例えば、庭に家具や遊具、瓦礫等を放置しない、車のガソリンを満タンにしておく、水や食料を確保する、携帯電話を充電しておく、応急手当用品を備える等)。

(5)自然災害に対する備え等につきましては、当館作成の「フィリピンにおける安全対策」も、ご一読下さい。これは、外務省のホームページ(http://www.anzen.mofa.go.jp/manual/philippines.html)でも参照頂けます。
在フィリピン日本国大使館領事班
Embassy of Japan
P.O. Box No. 414 Pasay Central Post Office
Pasay City, Metro Manila, Philippines
ホームページ:http://www.ph.emb-japan.go.jp/index_japanese_version.htm

TEL:63−2−551−5710
FAX:63−2−551−5785

posted by alu at 02:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
m(_ _)m 応援クリックお願いします m(_ _)m
     
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
ハートスペードダイヤクラブ
ブログランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。