Google

2007年10月30日

落選オバサンの笑顔の裏にはワケが・・・

なんか、週刊誌の見出しのようなタイトルになってしまったが、、

昨日、バランガイ選挙で落選してしまった近所オバサンは、
屈託のない笑顔で「しょうがないよ〜」と言っていた。

が、しかし、今日になってよく話を聞いてみると、
「あ〜ぁ、やっぱりフィリピンかぁ」と思うような事実が。

彼女が言うには・・・

結局、前任者が再選された格好になったのだけれど、
有権者に対し、相当な現ナマ攻勢をかけていたようなのだ。
関係有権者一人々に対し、250ペソ〜400ペソが支払われた模様。

結果、得票数は「オバサン」がなんと4票!
その他落選者も似たり寄ったりで、当選者の得票数は150票前後とか。
しっかし、4票なんて有り得ない低得票である。
(身内だってもっと居る! 開票者も買収されたか??)

そして、19ヶ(19バランガイ)の投票箱の内、3箱が開票集計が
終らぬ内に投票所警備の警察官に持ち去られたという。
(おいおい、いつかの総選挙や大統領選挙の時に聞いたフレーズや・・)

いやはや、上がこうだから下がそうなるのか、はたまたその逆か。
とにかく、投票所で「少しは管理されてるなぁ」と思った私がバカだった。
これじゃ、管理の意味が無い。

結局オバサンは、金には勝てぬ、と諦めの笑顔なのでありました。

そして、相変わらず屈託の無い笑顔のオバサンが言いました。
「次回の選挙までに、アコもカネ貯めて再挑戦じゃ〜」・・・

って、これじゃぁ、この国は永久に変りませんなぁ〜。

とどめを刺された私でございました(ガクッ)








posted by alu at 23:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

のぞいて来ました、投票所。IN バランガイ選挙。

昨日はバランガイ選挙投票日。

近所のオバサンが立候補していると前々回記事にしましたが、
ちょいと投票所をのぞきに行ってきました。

当地の選挙投票を見るのは初めて。
日本と同じで公立学校が投票所になっていました。

行って感心。
それなりに有権者管理がされているのです。

各教室がバランガイ別に区切られ、投票する仕組みとなっています。
教室の入口には、所属有権者名簿が張り出されています。
List.jpg

そして、教室の風景。
手前の受付けで確認され、投票用紙をもらい記入していました。
Vote.jpg

しかし、よく見ると本人確認はしている様子はなく、申告した名前を名簿上で確認しているだけです。
これでは別人が来ても判らないのでは?と思いました。

で、これが投票箱です。
Vote Box.jpg

投票が済むと、右手人差し指に不滅インクのようなものを塗られ、
同一人物が多重投票出来ないようにしていました。

教室の外には、話で聞いていた、各陣営が「このように書いてね」と配っている「立候補者名一覧」が捨ててありました。
Gomi.jpg

投票は午後三時で打ち切られ、即日開票されます。
そして、夜7時頃には結果が出るのです。

はたして「オバサン」のリザルトはいかに!
 ↓

 ↓

 ↓

 ↓ <Eメール配信のF1速報みたい!って皆知らないか・・>(笑)

 ↓

 ↓

 ↓

残念!落選してしまいました・・・
でも本人はいたって元気、「ワランマガガワ(しょうがない)」と笑っておりました。
posted by alu at 02:08| Comment(3) | TrackBack(0) | 社会一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月28日

レインボーケーキ

最近シリアスな話題が多いので、今日は甘い話題を一つ。

前回、バランガイ選挙の記事を書いたけど、その立候補者達への景気付け

として、ケーキを差し入れしたのだが、切ってビックリ、レインボーカラーなのだった。

これです・・・
Rainbow Cake.jpg

これにはみんな大喜び!

明日の選挙投票に向け、気合が入ったようでした。

して、お味の程は・・・

まぁ、ひどく甘いという事もなく、無難な味で御座いました。
posted by alu at 18:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月25日

バランガイ選挙戦のお手伝い

10月29日(月)はバランガイ選挙の投票日。
(バランガイ=最少行政区、日本で言えば町会)

日本では選挙投票日は日曜日、と決まっているけれど

この国では選挙投票日は月曜日となっている。

で、当然特別休日となってしまう。

今週月曜日、近所のおばさんが“KAGAWAD”に立候補すると言うので
(KAGAWAD=単純に訳すとメンバー、となるが本人は英語でカウンセラーと言っている)
彼女の写真を元に、パソコンでカラーポスターを作ってあげた。

すると、それが大反響。

彼女の友人達で、同じくKAGAWADに立候補するという人達が6人、

バランガイキャプテン“KAPITAN”に立候補するという人が1人、

私にスポンサーになって、同じようにカラーポスターを作ってほしい、

と言ってきたのだ。

ゲゲッ、と思ったのだけれど、頼まれると断れない性格の自分としては

まぁ、選挙運動のお手伝いも悪くないか、と引き受けたのであった。

で、各4枚づつポスターを作ってあげたのだけれど、印刷終ってガックリ。

インクがほぼカラになってしまった。(涙)

さて、KAGAWADの枠は7人。

これに20数名の立候補者がいるらしい。

当選すれば、毎月4〜5千ペソの手当てが出るとの事。

バランガイキャプテンで1万ペソとか。

皆、大した仕事を持っていないので必死である。

ポスターを作ってあげた人達が当選する事を祈りながら

カラになったインクのプリンターを見上げる私で御座いました。
posted by alu at 22:13| Comment(6) | TrackBack(0) | 社会一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

急ピッチ開発中

昨夜、Mall of Asiaへ行き、 駐車場に車を止め、北方向を何気なく見ると
なんとビックリ、大観覧車が夜の闇に浮かび上がっている!

North of ASIA 1.jpg

そして、近づいて見ると・・・

North of ASIA 2.jpg

横から・・・

North of ASIA 3.jpg

こんな大きな観覧車はマニラでは初めて見た。
直径が50mはあるだろうか。
ここでは、遊園地を建設中だったのだ。

Mall of Asiaの周りはどんどん開発されて行く。

公共事業のスピードとは比べ物にならない速さである。




posted by alu at 03:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月21日

はじまりなのか、首都圏爆弾テロ・・

 とうとう起きてしまった首都圏爆弾事件。

グロリエッタ2で発生した爆弾事件では、新たに2遺体が発見され

亡くなられた人は10名となった。

けが人は110名以上、子供も含まれている。

まったく許せない爆弾無差別テロ。

 しかし不気味な事は、これが始まりなのかもしれないという事。

今日のタブロイド版「ブルガー」には、首都圏爆弾テロはこれが始まり、

これから連続的に発生する可能性がある、という指摘記事が載っていた。

グロリエッタには私もたまに行っていた。

最近は「モールオブエイシア」が出来たので行ってないが、

「エイシア」も狙われる可能性大。

気をつけようと思うけれど、どういう風に気をつければいいのか。

まぁ、行かないのが一番か・・・

亡くなられた方の冥福と負傷された方の早い快復を祈ります。
posted by alu at 17:08| Comment(7) | TrackBack(0) | 社会一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月19日

新種の大発見か?フィリピン南方沖、セレベス海

海の中、

新種発見の可能性・・・

汚れたマニラ湾のイメージとはほど遠い、比国南方沖でのニュース。

いや〜、色んな生物が居るのですねぇ、海の中。

ご覧あれ^^

posted by alu at 07:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月18日

大使館のお知らせ(治安関係情報)

在比日本国大使館より治安関係情報が発布されました。
以下、全文。


在留邦人の皆様へ
                     
大使館のお知らせ(治安関係情報)

2007年10月17日
在フィリピン日本国大使館

1.一般的治安情勢
(1)ミンダナオ地域のバシラン島やスールー諸島において、
 国軍とイスラム過激派との交戦が断続的に発生する中、
 アブ・サヤフ・グループ(ASG)などがその報復テロを
 計画しているという報道等があります。
 フィリピン治安当局は、かかるテロ攻撃の可能性について、
 現在のところ具体的な差し迫った脅威があるわけではないとしつつも、
 不測の事態に備えて、ミンダナオ地域やマニラ首都圏における
 警戒度を高めています。
 かかる状況下で、10月5日にはコタバト州キダバワン市で  
 手製爆弾が爆発する事件発生し、また、10月17日
 には、スルタン・クダラット州タクロン市にて、警ら中の警官が
 広場で手製爆発物3発を発見し、不発処理をしたという
 事件が発生しています。
(2)また、ミンダナオ地域においては、バスやバスターミナルを
 標的とした爆弾爆発事件も引き続き発生しています。

2.選挙関係

(1)10月29日に全国一斉バランガイ及び青年団選挙が
 実施されます。これは、最小行政区に係る選挙であり、
 3年前の大統領選挙や去る5月の中間選挙等と比較して、
 盛り上がりに欠けるところがありますが、選挙区が狭いだけに、
 過去の選挙実施状況に鑑みれば、一部地域で、選挙運動が過熱化し、
 治安情勢が不安定化する可能性を排除できません。
(ちなみに、その選挙期間は、10月18日に始まり、
 投票日を挟んで11月13日まで)

(2)また、選挙前日(28日未明以降)は酒類の販売/公共の場所での
 飲用、食料や交通費・金品の無料贈収
 が禁止され、選挙当日(29日未明から同日深夜まで)は、
 上記に加え、一部の賭け事への参加が禁じられています。
 この期間中は、レストランなどにおける酒類を提供、
 一般店(コンビニエンスストア含む)での酒類販売も禁じられます。
 一流ホテルなどでは、外国人は免除の対象になりますが、
 一般には難しいと思われます。
 なお、公共の場所以外(自宅)での飲酒は自由です。

(3)なお、当日は、10月17日の大統領布告第1403号により
 特別休日となりましたが、当館は通常通り開館いたします。

3.上記情勢に鑑みて、在留邦人の皆様におかれましては、
 引き続き、次の事項等に注意するよう心がけて下さい。

(1)外出の際には、事前にテレビ、ラジオ等の報道に注意し、
 各種の集会やデモ等が予測される場所には近寄らないようにする。
(2)不特定多数の人が多く集まる公共の場所や施設、
 公共交通機関の ターミナル等では周囲の状況に十分注意を払う。
(3)バスや船舶等の公共交通機関の利用は極力避ける。
(4)フィリピン政府関連機関には近寄らない。
(5)種々のデマや噂に惑わされることのないよう注意する。
(6)家族、友人等身近な人といつでも連絡が取れるようにする。


在フィリピン日本国大使館領事班
Embassy of Japan
P.O. Box No. 414 Pasay Central Post Office
Pasay City, Metro Manila, Philippines
ホームページ:http://www.ph.emb-japan.go.jp/index_japanese_version.htm

TEL:63−2−551−5710
FAX:63−2−551−5785
posted by alu at 00:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月15日

うわさだったのか?BLOODS(殺戮団)

先週末より情報が飛びかっていた、BLOODS(殺戮団)の話。
今日のマニラ新聞には、次のような記事が載っていた。
以下、原文。

*******************************************
犯罪集団が殺人指示?
不審なメール出回る

犯罪集団による運転手・同乗者殺害を警告する、電子メールや
携帯電話の文字メールが出回っている。
在留邦人社会でも情報の真偽が話題になっているが、
国家警察のパグディラオ報道官は十四日までに
「数年前に米国で広まったうわさにすぎない」と殺害計画や
事件発生を否定する声明を発表した。
電子メールなどによると犯罪集団の名称は「ブラッド(血)」。
新メンバーに対して
@週末の夜に車を無灯火で運転
Aヘッドライトをパッシングして注意した最初の車を追走し、
運転手や同乗者を射殺――などと指示を出しているという。
メールは「週末に無灯火の車を目撃しても、決してヘッドライトで
注意してはならない」と警告し、さらに、「運転手や家族にも
教えるように」と呼びかけている。
一部の電子メールはビサヤ地方ラプラプ市内にある
外資系電子機器メーカーの「社内文書」。
国家警察ラプラプ署のオプス署長はマニラ新聞の電話取材に対し
「同様の電子メールを十三日に受取った。
(運転手ら殺害の)情報はうわさにすぎないが社内文書の
真偽については(同社の)警備担当者に問い合わせする」と語った。
***************************************

と、まぁ以上のような顛末となった訳であった。
自分としては、気をつけるに越した事はないけれど、
ガセネタであってほしい、と祈っていたので、一先ず安心、
と言ったところだ。

しかし、同じく今日のマニラ新聞に載っていた別の事件を見ると、
出すぎた行為はやはり危ない、と感ぜざるを得ないのであった。

以下、一部要約。

*********************************
パシッグ市でこのほど、追い越しを邪魔した運転手が射殺された。
バイクがトラックを追い越そうとしたところ、トラック運転手が
車を寄せて、追い越しを邪魔したため、怒ったバイクのライダーが
トラック前方に回りこみ、トラックを停車させ拳銃を発砲、
一発がトラック運転手に命中、運転手は死亡した。
*********************************

という事件である。
BLOODSでなくてもこのような事件は起る、という事を肝に命じたのでした。
posted by alu at 23:08| Comment(5) | TrackBack(0) | 社会一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月14日

夜のドライブ、BLOODS(殺戮団)は・・・

一昨日の金曜と昨日の土曜日、車を運転してMall OF Asiaへ行った。

夕方出かけて、7時からの打ち上げ花火(Fire Works)を見て帰ったのだけれど、当然すでに夜。

前回ブログアップしたBLOODS(殺戮団)の事を気にしながらのドライブとなった。

ひたすら「パッシング」しないで走った。

それにしても、対向車のヘッドライトは眩しい。

がまんして走る。

前方に遅い大型トラック発見。

センターライン寄りを走っている。

内側から追い抜く。

危ないのでハイビームにする。

トラックの陰に隠れているので、対向車には光はあたらない。

トラックを抜いたあと、フッと考えた。

BLOODSに成ったつもりで、このままハイビームのまま少し走ってみよう。(笑)

ハイビームにしていると、いつもはすぐ対向車にパシパシやられるのだが・・・

ん〜、心なしかパッシングして来る車がいないように感じる。

たまたまだったのかも知れないけれど、情報が行き渡っているのかもしれない。

しかし、いつまでもハイビームにしていられない。

すぐにロービームに切り替えた。

そこからまた、ひたすら我慢のドライブ。

結局、BLOODSには出会えず。

って、あたりまえか。

出会ってたら、こうしてブログアップなんぞしてられないですな(笑)
posted by alu at 15:57| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月11日

比国内危険情報入手!

今日、日系企業駐在員の間では、Eメールで「危険情報」が飛び交った。
出元や真意の程はよく判らないのだが、注意に越した事はありません。
以下、和訳原文のまま掲載しますので、当地在住の方はご一読を・・・

*****************************************

比国内危険情報。(ギャング団入団試験に係る殺人の恐れ)

題:国家警察からの、車を運転する際しての警告。

あなたが夜間、「ヘッド・ライトを点灯せずに走っている対向車」
に気づいても、(その車に対し)自車のライトをフラッシュ
(パッシングの意)しないでください。

これは、よく知られる「BLOODS(殺戮団)」構成員の「入団儀式」で、
次のように行われます。
:ギャング団の新メンバーは、この入団儀式として、ヘッド・ライトを
点灯せずに車を走らせ、彼らの車に対し最初にヘッド・ライトを
パッシングしてきた車が「標的」となります。
(標的が定まると)その新人メンバーは、儀式を完結する為、U−ターンし、
その標的をつきとめ、最終的に標的に乗車している全ての人を
射殺することを求められます。

全国の警察署に対し(次のような)警告が成されております。
彼ら(ギャング団)の目的は、(入会の儀式として)
全国のBLOODS(殺戮団)」新人に対し、ギャング団に
迎え入れる条件として、金曜と土曜の夜ヘッド・ライトを点灯せず
車を走らせ、善意でヘッド・ライトが点灯していないことを警告する為
にパッシングをしてきた、最初の車に乗る全員を射殺させることにあり
ます。

注意:この情報を家族の中で車の運転をする者全てに伝えるようにしてください。
また、この「入団儀式」に関する情報を友人や家族に転送してください。
加えて、彼ら(BLOODSの新人)は「ハイ・ビーム」を点灯し走り回り、
上記と同じことをすることも知られています。

以上、お知らせ迄。

***************************************

と言うものである。
これは英語で出された情報を和訳したものなのだけれど、
小生が8年比国に居て初めて見る警告情報です。

しかし、英語での情報をローカルスタッフに見せたところ、
すでにローカル間でも情報が飛び交っていたらしく、
同じものを持っていました。

そして、この情報を読んでいて、はるか10年以上も昔、日本国内で
似たような話があったのを思い出した。

以前は、Eメールなど普及していなかったので、情報配布手段はFAXであった。
『関西から当たり屋のプロが上京し暗躍しているので注意。
故意に車をぶつけて大金を巻き上げる手口。
次の車のナンバーに注意、云々・・』と言うものである。

しかし、金を巻き上げるどころではなく、命を取られてしまうのではかなわない。
情報に振り回されるのはイヤですが、注意するに越した事はありません。

当地で車を運転される方、専属ドライバーのおられる方、
家族の誰かが運転されている方、etc
金曜日、土曜日問わず、暫くの間はご注意された方がいいかも・・・

posted by alu at 21:42| Comment(9) | TrackBack(0) | 事件、犯罪、被害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月07日

比でスキューバ中の邦人男性が水死、単独で深さ90mに

比中部セブ州マクタン島沖で4日、東京都大田区在住の日本人男性キムラ・アツオさん(47)=漢字不明=がスキューバダイビング中に水死した。

フィリピン警察当局が7日、明らかにした。

キムラさんは観光でセブを訪問。フィリピン人指導員らと3人でダイビングをしていたが、指導員らが海から出た後も1人で水深90メートル以下まで潜り続け、おぼれたとみられる。
(2007年10月7日18時51分 読売新聞)

またまた日本人ダイバーの事故が発生してしまいました。
二年程前にも、二人の日本人ダイバーが50m以上の深さで海流に流されて亡くなっています。

スキューバダイビングは当地の駐在員にも人気が高く、ゴルフかスキューバか、と言うくらいに流行っています。

体験ダイビングで初めて潜った人の多くは、海の美しさに惹かれ、自前の用具を揃えるようになります。

そして、更に少し深く潜れるようになると、人生観まで変わってしまう、とまで言われる方がいます。

それほど海の中は美しいらしく、小生も誘われるのですが、水の中が苦手なので断り続けています。

ある方に言わせると、初心者の事故はめったに無いそうですが、ベテランになって来ると事故率が高くなるとか。
深く潜ってみたくなるから、だそうです。
毎週末に潜っておられる方はくれぐれもご注意の程を。

亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げます。
posted by alu at 22:52| Comment(6) | TrackBack(0) | 事件、犯罪、被害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月06日

マガンダ(きれい)なオカマさん達

それにしても、フィリピンほどオカマが社会に溶け込んでいる国はあまり無いのではなかろうか。

とにかくオカマが多い。
特に、床屋と美容師は9割はオカマと思われる。

そんな、オカマさん達の中でもマガンダを集めた美人コンテストがあったそうだ。

この人達は夜の街で逢ったら、ちょっとすぐにはオカマとは判らないかもしれませんね。(怖)



posted by alu at 01:12| Comment(6) | TrackBack(0) | 社会一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月02日

南国にも秋の気配が・・・

日本では十五夜お月さんも終って早や神無月。
だいぶ秋めいて来たそうだ。

して、我がフィリピン。
ここでも一応季節がある。

今は雨季の末期で、このところ毎日雨。
そんな中でススキが咲き出しているのです。

Susuki.jpg

一応、秋のようだ・・・

雨季が終る11月中旬から年明け2月くらいまで、こちらでは一番良い季節になる。
朝夕は何か掛けなければ寝られなくなる。

しかし、その良い季節、秋の次には、いきなり夏になってしまうのだ。
真夏は4月・・・
冬の無い国、フィリピン。

歳を取ると日本の冬は堪えます。
冬が苦手な小生には、いい国ですフィリピンは・・

posted by alu at 23:43| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月01日

ゴキブリに見る、人の育った環境考察・・

いや〜、今日仕事をしていて驚いたのなんの。
PCで資料作りに没頭していたら、何やら足元がムズムズ・・
ンッ?っと下を見ると、でっかいゴキがスリッパを履いた小生の右足の甲の上を歩いていらっしゃる!
もうタマゲタのなんの、あっしは大嫌いですゴキが!!

慌てて飛びのき、そばにいたローカルに「イピス(ゴキの事)ナァ〜!」と伝えた。

すると、周りにいたローカルスタッフ(ババエ=女性、ですが)の反応が二つに分かれた。
驚いて逃げた子1人、フ〜ンと気にせず笑っている子が4人。

もうこれだけで大体の生い立ちが判ってしまう。
逃げた子は間違いなくかなり裕福な家の育ち、
気にしない子は当地の一般的な家の育ち、なのである。

マニラはゴキブリ天国である、近郊もそうだ。
ゴミの収集方法等の扱いが良くないので、ゴキが繁殖し易い。
真昼間のお天道様の下をゴキが闊歩している。

こういう環境の中ではゴキでさえ普通の昆虫だ。
居てあたりまえ。
中には「子供の頃はゴキに糸をつけて引っ張りまわして遊んだ」なんて言ってる奴も居た。
(カブト虫じゃないんだけど・・・)

以前に我家にいたメードは、ゴキが現れると手でむんずと捕まえ、そのまま握り潰してゴミ箱にポイッ!
見ていた私は卒倒しそうになり、「早く手を洗え〜!」と大声を出したのだった。
そんな手で料理を作られたらたまったもんではない。

さて、
これが当地でも裕福な家庭、すなわちセキュリティーのしっかりした(ガードマンが入口に居る)住宅地のような所で育った子は一様にゴキが嫌い。
殺虫剤等でいつも清潔にしている環境なので、子供のころからゴキには接する機会があまりないのだ。
日本人と同じである。

と言う訳で、フ〜ンと笑っている子にゴキ退治を命じると、めんどくさそうに立ち上がったと思ったら、履いていたスリッパをおもむろに片方手に持ち、バシッ!っと一撃。
昇天ゴキのヒゲをつかんで持ち上げ、ゴミ箱へポイッ。

いやはや、なんとも・・・

そして、ゴキごときでなんで大騒ぎ?
という視線を感じたのでした。

という訳で、ゴキのニュース(J-CASTニュース)を一つ。
こちらからどうぞ↓
<「頭を切断しても生きている」 ゴキブリ伝説は本当なのか?>
posted by alu at 22:39| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
m(_ _)m 応援クリックお願いします m(_ _)m
     
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
ハートスペードダイヤクラブ
ブログランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。