Google

2007年10月30日

落選オバサンの笑顔の裏にはワケが・・・

なんか、週刊誌の見出しのようなタイトルになってしまったが、、

昨日、バランガイ選挙で落選してしまった近所オバサンは、
屈託のない笑顔で「しょうがないよ〜」と言っていた。

が、しかし、今日になってよく話を聞いてみると、
「あ〜ぁ、やっぱりフィリピンかぁ」と思うような事実が。

彼女が言うには・・・

結局、前任者が再選された格好になったのだけれど、
有権者に対し、相当な現ナマ攻勢をかけていたようなのだ。
関係有権者一人々に対し、250ペソ〜400ペソが支払われた模様。

結果、得票数は「オバサン」がなんと4票!
その他落選者も似たり寄ったりで、当選者の得票数は150票前後とか。
しっかし、4票なんて有り得ない低得票である。
(身内だってもっと居る! 開票者も買収されたか??)

そして、19ヶ(19バランガイ)の投票箱の内、3箱が開票集計が
終らぬ内に投票所警備の警察官に持ち去られたという。
(おいおい、いつかの総選挙や大統領選挙の時に聞いたフレーズや・・)

いやはや、上がこうだから下がそうなるのか、はたまたその逆か。
とにかく、投票所で「少しは管理されてるなぁ」と思った私がバカだった。
これじゃ、管理の意味が無い。

結局オバサンは、金には勝てぬ、と諦めの笑顔なのでありました。

そして、相変わらず屈託の無い笑顔のオバサンが言いました。
「次回の選挙までに、アコもカネ貯めて再挑戦じゃ〜」・・・

って、これじゃぁ、この国は永久に変りませんなぁ〜。

とどめを刺された私でございました(ガクッ)








posted by alu at 23:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

のぞいて来ました、投票所。IN バランガイ選挙。

昨日はバランガイ選挙投票日。

近所のオバサンが立候補していると前々回記事にしましたが、
ちょいと投票所をのぞきに行ってきました。

当地の選挙投票を見るのは初めて。
日本と同じで公立学校が投票所になっていました。

行って感心。
それなりに有権者管理がされているのです。

各教室がバランガイ別に区切られ、投票する仕組みとなっています。
教室の入口には、所属有権者名簿が張り出されています。
List.jpg

そして、教室の風景。
手前の受付けで確認され、投票用紙をもらい記入していました。
Vote.jpg

しかし、よく見ると本人確認はしている様子はなく、申告した名前を名簿上で確認しているだけです。
これでは別人が来ても判らないのでは?と思いました。

で、これが投票箱です。
Vote Box.jpg

投票が済むと、右手人差し指に不滅インクのようなものを塗られ、
同一人物が多重投票出来ないようにしていました。

教室の外には、話で聞いていた、各陣営が「このように書いてね」と配っている「立候補者名一覧」が捨ててありました。
Gomi.jpg

投票は午後三時で打ち切られ、即日開票されます。
そして、夜7時頃には結果が出るのです。

はたして「オバサン」のリザルトはいかに!
 ↓

 ↓

 ↓

 ↓ <Eメール配信のF1速報みたい!って皆知らないか・・>(笑)

 ↓

 ↓

 ↓

残念!落選してしまいました・・・
でも本人はいたって元気、「ワランマガガワ(しょうがない)」と笑っておりました。
posted by alu at 02:08| Comment(3) | TrackBack(0) | 社会一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
m(_ _)m 応援クリックお願いします m(_ _)m
     
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
ハートスペードダイヤクラブ
ブログランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。