Google

2008年01月31日

呆れました、社会保険庁と産経の記事

まったくどうなっているのだろう。
日本はおかしい。
まずは、この記事を見てください。

本日付け「産経webニュース」より。

【ギョーザだけじゃない? 派遣中国人が年金記録転記ミス】
年金記録紛失問題で、オンラインシステムに未入力の
「旧台帳」と呼ばれる手書き台帳記録約1466万件について、
手書きデータをコンピューター入力用紙に転記する際に、
中国人などの派遣労働者が漢字を読み間違い、
誤記するトラブルが発生していたことが29日、
民主党の厚生労働・総務部門会議で明らかになった。

社会保険庁によると、昨年12月10日から20日までの間、
外国人派遣労働者約60人に転記作業を行わせたところ、
名字と名前の区切りを間違うなどのミスを連発。
社保庁は全員を日本人に交代させた上で、すでにすべての
転記ミスを修正しており、今後は派遣会社への派遣料支払額を
減らすことも検討している。

というものだ・・・

まず、社会的に大問題となっている年金の、台帳の記録転記という

大事な作業に外国人を使う社会保険庁の姿勢がわからない。

まったく何を考えているんだか。

それと、この記事の見出し内容だ。

確かに間違えたのは派遣の中国人だろうが、この見出しでは

「中国人は悪い」という言い方である。

全ての責任は社会保険庁にあると思う。

「脱線日本」の感、大と感じた次第。
posted by alu at 07:17| Comment(5) | TrackBack(0) | 社会一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月28日

カビテで爆発事故発生!

本文に入る前に、seesaaブログの障害報告です。
以下転載します。

*-*-*-*-*-*〜
現在、Seesaaブログのブログサイト(ドメイン名:seesaa.net)に
おきましてお客様が投稿された記事、コメント等が正常にブログに
反映されない状態となっております。

ただいま、対応を行っておりますので、今しばらくお待ちいただき
ますようお願い申し上げます。
〜*-*-*-*-*-*

と言う訳で、コメントを書いて頂いても反映されなかったり
返信も反映されなかったりする場合が有り大変失礼しております。
御容赦ください。
(このエントリも反映されなかったりして・・・)


さて、本日午後1時頃、カビテのロザリオで爆発事故があり

3名亡くなり、多数のけが人が出ている模様です。

情報によると、以前バコールで発生した爆発事故と同じ原因のようで、

ダイナマイト漁に使う爆薬を作るところで誤爆が起きたとの事。

あちこちで危ない作業をしているんですねぇ・・・

とりあえず速報まで。

posted by alu at 22:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 事件、犯罪、被害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月27日

どうなる?物作りニッポン??

一昨日の日経に出ていた記事が気になった。

以下、一部抜粋

【韓国サムスン日本企業買収】
サムスングループの総合商社、サムスン物産は24日、
ステンレス加工の明道メタル(新潟県燕市)を買収したと発表した。
〜日本には、高い技術力を持ちながら原材料高による業績悪化や
後継者難に直面する中小企業も多く、外国企業の買収対象となる例が一段と増えそうだ〜


これは日本の危機ではないかと思う。

戦後の高度成長から現在に至るまで、日本の物作りを支えて来たのは、底辺の零細小企業の技術である。

大企業は、下請けから広がる孫受け以下の技術で支えられて来たといっても過言ではないだろう。

長らく韓国等が日本を追従出来なかったのは、この「下請け」層が未発達だったからだ。

現在でも「下請けの技術」では日本が数段上だと思う。

当然、外国企業は考える、、、

自国で技術の裾野を広げるよりは、日本の企業を買ってしまった方が早い、と・・・


大企業、そして日本政府は、危機感を持っているのだろうか?

自分の利益しか考えず、素材費高騰にもかかわらず、部品の値上げを認めない大企業。
下請けに対し「出来なきゃやめろ、他がある!」と言わんばかりだ。

部品を作っている下請けは悲鳴をあげている。

そんな小企業の経営者は、たとえ外国からでも良い条件で買収提案が来れば、自社を売ってしまうのはあたりまえだ。

経営者に罪は無い。
なにしろ、地獄のような毎月の資金繰りを心配しなくて済むのだから・・・

のほほんとしていると、いつのまにか日本の技術は全て外国企業に買われてしまいます。

ニッポンの危機です!
posted by alu at 09:12| Comment(9) | TrackBack(0) | 社会一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月25日

おいしい居酒屋、たぬき。

夕べ「たぬき」という居酒屋へ行った。

ここはかなり前から営業していたけれど行った事はなかった。

最近、友人が「たぬきはうまいで〜」と言うので行ってみた次第。

これが入口です。

Tanuki Iriguchi.jpg

で、食べました。
これがおいしい事!

Taberu.jpg

中はすっかり日本の居酒屋の雰囲気。

しばし、フィリピンにいる事を忘れて舌鼓を打ちました。

場所は、ロハス大通りからヴェンディア通りをマカティ方面へ曲がり、

LRTのジルプヤット駅の高架をくぐり、少し行った右側です。

安くておいしい居酒屋たぬき。

また行こうと思います。




posted by alu at 07:20| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月23日

デング熱に注意です!

このところ仕事がバタバタで少々疲れ気味。

ブログの更新も滞りがちになってしまった・・・

こういう疲れているときは要注意ですな。

デング熱です。

先日、日本大使館より注意喚起がありましたが、マニラで流行の兆しです。

本日現在、300人以上が感染し、すでに5名の方が亡くなっています。

主に、スクウォッター地区に多いようでなのですが、こういう所では

水溜りなどにあまり関心が無いか、無知故に、蚊が大繁殖し

デング熱のウィルスを運んでくるのだろうと思います。

デング熱(Dengue Fever)は、デングウイルス(Dengue Virus)による

感染症で、ネッタイシマカやヒトスジシマカなどの蚊によって媒介されます。

これらの蚊は朝から活動するらしく、朝や昼間の蚊には気をつけた方がいい、とよく言われました。

邦人の皆さん、気をつけましょう!
posted by alu at 22:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月20日

俳句に見る、繊細で美しい日本語そして日本人・・・

今日、数日前の日経を読んでいて胸が熱くなった。

1月16日の日経、「春秋」のコラムでの一部の内容だ。

抜粋すると、、、

★★★・・・・・
死語になったといえば、ひからびた感じがする。
歴史になったと考えれば、ゆかしい。
そんな気にさせる言葉がいくつかある。
例えば、きょうは「藪(やぶ)入り」。
週休2日制が定着した現代の企業社会では使われない。
意味を確認しておく。

▼「奉公人が正月および盆の16日前後に、主家から休暇をもらって
親元などに帰ること。また、その日」(広辞苑)。
サラリーマンが奉公人と呼ばれた時代、休みは年2回だけだった。
それが藪入り。
「母と寝て母を夢むる藪入りかな」(松瀬青々)
青々は大阪・船場商人の子。明治の奉公人の切なさを伝える。
・・・・・★★★

この、松浦青々の俳句の、なんと切ない事か・・・
たった18文字の中に込められた、深く哀しくも切ない幸せ。

これを読み、なぜか今日はセンチな気分になってしまった。
毎日、イエスかノーかの、そして打算的な世界で生きているからなのか
はたまた望郷の念なのか・・・

それにしても日本語とは、かくも美しいものなのか、と改めて感激。
そして、この素晴らしい日本文化の中に生まれてよかった、と
異国の地で思うのでした・・・


PS
この俳句を英訳してみると・・・

Is a dream servant's holiday sleeping to mother
as for mother?

英語文化の人は、これで同じような哀愁の気持ちになるのだろうか・・・




posted by alu at 01:14| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月19日

大使館からのお知らせです。

在比、日本国大使館よりお知らせが発布されました。

以下全文コピーします。

*****************************************

在留邦人の皆様へ



大使館からのお知らせ(当地での安全に関する一般的な注意)



2008年 1月18日

在フィリピン日本国大使館



1.邦人関連事件

(1)当地報道等でご周知と思いますが、1月12日午後9時頃、
 マカティ市レガスピ・ヴィレッジにて、帰宅途中の邦人男性が
 腹部を刺され、重傷を負うという事件が発生しました。

 同事案の犯人については、フィリピン警察が捜査中ですが、
 物盗りの犯行である可能性が高いと思われます。

(2)また、昨年、フィリピンにおいて7件の邦人殺害事件が
 発生しており、そのほとんどが銃器による犯行となっています。

(3)フィリピンにおきましては、スリや置き引きの類でも、
 犯罪者が武器を携帯していることが常であり、
 犯罪者を見とがめたために、逆恨みを受けて傷害を負う
 事案が少なくありません。また、ホールド・アップ事案は、
 マニラ首都圏では広範囲に発生しており、この種の犯罪は
 どこでも発生し得ると考えておく必要があります。

(4)つきましては、トラブルを未然に防ぐという観点から、
 以下を参考にして自らの安全の確保に心がけて下さい。

(a)犯罪を誘発する環境を作らない
  (目立たない。人前で現金を見せない。何人に対しても
   暴力的な言動を取らない等。)

(b)むやみに他人を信用しない。うまい話、儲け話に乗らない。

(c)昼夜を問わず路上の一人歩きは避ける。
   繁華街での行動には気を付ける。

(d)犯罪の手口を知る。
   海外安全ホームページ(http://www.anzen.mofa.go.jp/)を
   参照下さい。

(e)車での移動の際は、飲酒運転はもちろんのこと、
   無用のトラブルを招くような乱暴な運転はしない。


2.デモ計画

 今週末のEDSAU7周年、また来月25日のEDSA革命記念日の
 機会を捉えて、アロヨ大統領の退陣を求めるデモが計画されていると
 の情報があります。

 主に、Ayala通り(マカティ市)Mabuhay Rotonda(ケソン市)、
 EDSA記念碑(マンダルーヨン市)及びMendiola橋(大統領府近く)
 などでのデモが予想されますところ、報道等にも注意の上、
 かかるデモや集会には近寄らないようご注意下さい。


3.公共交通機関に関する注意

(1)フィリピン国内を移動する際の注意
  フィリピンにおける公共の交通手段(バスやジプニー、
  トライシクル等)は、庶民の足として親しまれていますが、
  運転が乱暴であったり、整備が十分でない等その安全水準は
  日本に比べて非常に低い状況にあります。
  また、車内でスリ等の盗難に遭う被害も発生している他、
  ミンダナオ地域では、バス等公共交通機関やそのターミナルを
  標的とした爆弾爆発事件も頻発していますので、
  その利用に当たっては十分な注意が必要です。

 フィリピンにおいては、船舶が島々への移動に当たっての
 主要交通手段となっていることが少なくありませんが、
 その運航に当たっては必ずしも十分な安全基準を満たしているとは
 言い難い例もあり、最近も船舶同士の衝突事故や火災事故等が
 発生しています。特に、フィリピンの学校の夏期休暇に当たる
 4月〜6月は、多くの人の移動が見込まれることから、
 定員以上の乗客を乗せて船舶を運行するという例も少なくなく、
 注意が必要です。

(2)米国連邦航空局(FAA)による当国の航空の安全性に係る
   格下げ

 FAAは4日、当国の航空当局が、国際民間航空機関(ICAO)が
 定める最低限の安全監督基準に準拠した民間航空会社の
 安全上の監督を実施出来ていないとして、カテゴリー2(ICAOの
 基準を遵守していない)に格下げした旨発表し、これを受け、
 当地米国大使館は15日、当国を出入りする際には、可能な限り、
 その国の航空当局が民間航空会社の監督に係る国際安全基準を満たし
 ているとFAAが評価している国の航空会社を利用すべきである旨
 発表しました。

 詳細は以下のホームページを参照下さい。

 http://manila.usembassy.gov/wwwfacs7.pdf



4.健康情報(デング熱)
 デング熱については、主に雨期に多く発生しますが、
 最近でもデング熱に罹患される方が少なくないようです。
 昨年10月24日に発出しました大使館のお知らせ
(健康情報:デング熱に注意)を参照の上、感染予防にご注意下さい。

在フィリピン日本国大使館領事班
Embassy of Japan
P.O. Box No. 414 Pasay Central Post Office
Pasay City, Metro Manila, Philippines
ホームページ:http://www.ph.emb-japan.go.jp/index_japanese_version.htm

TEL:63−2−551−5710
FAX:63−2−551−5785

以上
*****************************************

在比邦人の方、当地旅行中またはご予定のある方、

皆さん気をつけてください。

特に、長期滞在していると、つい気が緩みがちになりますが

ここは日本では無いという事を、再度肝に銘じましょう。
(言っている自分が一番危なかったりして・・・^^)
posted by alu at 00:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月16日

フィリピン版「白い恋人」!?

先日、ケソンに住む、ある知り合いにお土産でもらったお菓子に感激してしまった。

その名は、SILVANAS。
なんでも、たしか、パンガシナン方面の特産なのだとか。

これです。
Silbanas.jpg

これが食べるとおいしい事!
しっとりしたクッキーの間には白いクリームが・・・
冷蔵庫で冷すか冷凍すると更にうまさ倍増!

これを食べたとき、昨年に消費期限で問題になった「白い恋人」を
なぜか思い出してしまった。
んんっ、これはフィリピン版の「白い恋人」や〜、と。(笑)

posted by alu at 00:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月11日

相変わらずのペソ高ですねぇ・・・

年が明けて早や10日を過ぎ、日常生活に戻りつつある今日この頃。

しかし相変わらずのペソ高。

2日前には、1ドル40.70ペソで取引が始まり、前日比0.19ペソ高の

40.56ペソで取引を終えた。

市場関係者は、中央銀行が市場介入しなかったことが

ペソ上昇につながったと指摘し。

また、米国のさらなる利下げでドル安が加速し、ペソはさらに上昇し

一部では38ドル代まで行くと予想する向きもある。

今年は年初から多難が予想されますなぁ・・・
posted by alu at 07:30| Comment(4) | TrackBack(0) | 社会一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月01日

1時間遅れで、謹賀新年!

皆さま、明けましておめでとうございます。
本年も昨年同様、宜しくお願い申し上げます。

夕べ、11時50分ころ「もうすぐ年明けだなぁ」
と花火を上げながら考えていました。
で、その時にフッと思ったのです。
そういえば、日本はすでに新年1月1日の12時50分。
て事は、もう年が明けているやん、と。

この一時間のギャップ。
日本人としては、なにやら複雑な気持ちになった次第。
もっとも、これがハワイだったら、確か19時間遅れとなるはずで、
母国では、雑煮をとっくに食べ終わり、おせち料理も飽きるので
今晩の夕食は何がいいかなぁ、等と考えている頃にカウントダウンだ。
とまぁ、くだらん事を考えている年明けなのであります。

さて、
比国では今回も花火による事故が発生しております。

先日、政府より、危険なカノン(バズーカみたいなもの)や
花火は控えて、ラッパや太鼓などの鳴り物で年越しをし、
危険花火の販売も取り締まる、と言う通達があった。

確かに今回、カノンは一切見かけていない。
カノンというのは、排水用の配管などに使う樹脂パイプに細工し
(直径5cm〜10cmくらい)
中にアルコールをたらして火をつけると爆音を発生するオモチャだった。
これは通達の威力か・・

しかし、花火屋は今年も出現。
道路の片側車線を閉鎖し、販売スペースを設置する町もあった。
これは、バランガイへのあがり収入(と言うか一部の人の懐へ)
にもなるので、そうそうは無くならないと思っていたけど、
やっぱりである。
と言いながら、私もロケット花火を購入したのでしたが・・

そして、私の家のまわりも、散発的な爆竹の音が、
11時半を過ぎた頃から連続的になり、12時前後はもう凄まじい音!
私のロケット花火の音などかき消されてしまったのでした。

今日のStar紙によると、カビテ州ロザリオのパブリックマーケットで
投げ捨てたタバコの火から(と思われる)販売用の花火に引火、
20あまりの花火販売店が焼失したと報じている。

これから更に全国から被害報告が上がってくるのだろうけれど
相変わらずの、比国の年越し風景ではありました。

という訳で、
皆さま、今年も頑張りましょう!
posted by alu at 15:14| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
m(_ _)m 応援クリックお願いします m(_ _)m
     
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
ハートスペードダイヤクラブ
ブログランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。