Google

2008年01月01日

1時間遅れで、謹賀新年!

皆さま、明けましておめでとうございます。
本年も昨年同様、宜しくお願い申し上げます。

夕べ、11時50分ころ「もうすぐ年明けだなぁ」
と花火を上げながら考えていました。
で、その時にフッと思ったのです。
そういえば、日本はすでに新年1月1日の12時50分。
て事は、もう年が明けているやん、と。

この一時間のギャップ。
日本人としては、なにやら複雑な気持ちになった次第。
もっとも、これがハワイだったら、確か19時間遅れとなるはずで、
母国では、雑煮をとっくに食べ終わり、おせち料理も飽きるので
今晩の夕食は何がいいかなぁ、等と考えている頃にカウントダウンだ。
とまぁ、くだらん事を考えている年明けなのであります。

さて、
比国では今回も花火による事故が発生しております。

先日、政府より、危険なカノン(バズーカみたいなもの)や
花火は控えて、ラッパや太鼓などの鳴り物で年越しをし、
危険花火の販売も取り締まる、と言う通達があった。

確かに今回、カノンは一切見かけていない。
カノンというのは、排水用の配管などに使う樹脂パイプに細工し
(直径5cm〜10cmくらい)
中にアルコールをたらして火をつけると爆音を発生するオモチャだった。
これは通達の威力か・・

しかし、花火屋は今年も出現。
道路の片側車線を閉鎖し、販売スペースを設置する町もあった。
これは、バランガイへのあがり収入(と言うか一部の人の懐へ)
にもなるので、そうそうは無くならないと思っていたけど、
やっぱりである。
と言いながら、私もロケット花火を購入したのでしたが・・

そして、私の家のまわりも、散発的な爆竹の音が、
11時半を過ぎた頃から連続的になり、12時前後はもう凄まじい音!
私のロケット花火の音などかき消されてしまったのでした。

今日のStar紙によると、カビテ州ロザリオのパブリックマーケットで
投げ捨てたタバコの火から(と思われる)販売用の花火に引火、
20あまりの花火販売店が焼失したと報じている。

これから更に全国から被害報告が上がってくるのだろうけれど
相変わらずの、比国の年越し風景ではありました。

という訳で、
皆さま、今年も頑張りましょう!
posted by alu at 15:14| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
m(_ _)m 応援クリックお願いします m(_ _)m
     
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
ハートスペードダイヤクラブ
ブログランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。