Google

2008年01月31日

呆れました、社会保険庁と産経の記事

まったくどうなっているのだろう。
日本はおかしい。
まずは、この記事を見てください。

本日付け「産経webニュース」より。

【ギョーザだけじゃない? 派遣中国人が年金記録転記ミス】
年金記録紛失問題で、オンラインシステムに未入力の
「旧台帳」と呼ばれる手書き台帳記録約1466万件について、
手書きデータをコンピューター入力用紙に転記する際に、
中国人などの派遣労働者が漢字を読み間違い、
誤記するトラブルが発生していたことが29日、
民主党の厚生労働・総務部門会議で明らかになった。

社会保険庁によると、昨年12月10日から20日までの間、
外国人派遣労働者約60人に転記作業を行わせたところ、
名字と名前の区切りを間違うなどのミスを連発。
社保庁は全員を日本人に交代させた上で、すでにすべての
転記ミスを修正しており、今後は派遣会社への派遣料支払額を
減らすことも検討している。

というものだ・・・

まず、社会的に大問題となっている年金の、台帳の記録転記という

大事な作業に外国人を使う社会保険庁の姿勢がわからない。

まったく何を考えているんだか。

それと、この記事の見出し内容だ。

確かに間違えたのは派遣の中国人だろうが、この見出しでは

「中国人は悪い」という言い方である。

全ての責任は社会保険庁にあると思う。

「脱線日本」の感、大と感じた次第。
posted by alu at 07:17| Comment(5) | TrackBack(0) | 社会一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
m(_ _)m 応援クリックお願いします m(_ _)m
     
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
ハートスペードダイヤクラブ
ブログランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。