Google

2008年02月26日

アソ(犬)のナルト

自分が入会しているフィリピン関係のソーシャルネットワーク
「フィリピンコミュニティ」の日記に、飼い犬の写真を載せようと思ったのだけれど、写真容量が少し大きいために掲載出来ませんでした。
ならば、ブログに写真を載せてしまおう、と言う訳で、
見てください、プードルのナルトです。
写真では不細工ですが、素顔はかわいいですよ!

NARUTO.jpg

以下、フィリピンコミュニティの私の日記です^^

★― アソのナルト ―★

比での家族が増えました。
プードルのナルトです。
ペットショップというと、金魚や熱帯魚しか置いてなかったフィリピンですが、
最近はMALL OF ASIAなどで、ドッグコンテストなど開催されるようになり、
ショップにも犬を扱うところが増えて来ました。
ナルトは、こげ茶色ですが、血統書にはブラックと書かれています。
あまりにかわいいので、思わず買ってしまいました^^
生後3ヶ月、13000ペソなり・・
日本だったら20万円以上するでしょう。
連れて行けるのか判りませんが、日本で売ったら大儲けだなぁ、
などと考えてしまいました^^(売る気はありませんが)
仕事で疲れて帰ってきても、ナルトに癒されるようになりました^^

★― END ―★

てな事で、フィリピンコミュニティご参加希望の方は
こちらへ!
って、紹介の仕方が判らないので、とりあえずログイン画面の
URLを貼りました。^^
http://sns-walker.com/philippines/

皆さんのぞいて見てくださいまし^^







posted by alu at 22:41| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

盛上がらない「ピープルパワー」

昨日は「エドサ革命記念日」で特別休日だった。

日本大使館からも「25日は外出に注意」という注意喚起が出ていた。

しかし、当日は平穏だった。

アキノ、ラモス、両元大統領は 例の「ロサダ氏」を伴い

バクララン教会でのミサに参加。

ここから盛り上げよう、というつもりだったかもしれないけれど、

普通にミサは終了したようだ。

そしてアロヨ大統領、

昨日はマニラを離れカビテへ「避難」。

親アロヨ団体の集会に参加していた。

形勢はアロヨおばさんに不利な感じだけれど、どうも盛上がらない。

この勝負、どうなるのか見ものではあります。
posted by alu at 07:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月19日

エルミタにご用心・・

今日の【フィリピンインサイドニュース】にこんな記事が・・

■両替詐欺組織が活動再開

 マニラ市エルミタ地区で両替商の客に少ない金額を渡す
「コトン」と呼ばれる両替詐欺を繰り返す組織が
活動を再開したようだ。
警察は15日、組織のメンバーの1人を逮捕したが、
金を取り戻すことはできなかったと発表した。
組織のリーダーは逮捕を逃れ、見張り役の女を残して逃走した。
この女は、1日200ペソで監視役として雇われ、
マビニ通りのローズ両替商で監視役を務めただけで、
組織の違法活動は知らなかったと供述しているという。
10日には、銀行の職員がローズ両替商で200万円を
76万4,000ペソと交換し、戻ってから数えたところ、
43万2,000ペソ足りなかったという。
情報筋によると、マルー・カバヨとして知られる組織のリーダーは、
「バニェス」と知られる警官の恋人といわれ、
逮捕するのは非常に困難だという。(Star)

――――――――――――――――――――――

活動再開、と言うか、エルミタに集まる両替所では
こんな話は日常茶飯事と思う。
なんたって、かく言う、わたくしめも被害者なのです!

あれは、二十世紀最後の年、2000年のある日曜日の出来事でした。

(以前、記事にしたかと思うのだけれど・・)

いつもは、ヘリテージホテルとLRT(軽量鉄道)の間くらいの
両替屋を利用するのだけれど、その日はなぜか休み。
で、仕方なくエルミタへ。
マビニ通り沿いに並んでいる両替屋のひとつに飛び込んだ。

当時1万円が丁度4000ペソの時代、3万円で12000ペソだった。
全て500ペソ札で24枚。
両替屋のおばさんが数えるのを見ていた。
そして手渡され、数えようと思ったら、手を差し出して来て
「私の手のひらに乗せながら数えてネ」と言うので
一枚一枚おばさんの手のひらに乗せながら数えた。

ん、確かに24枚。
確認して再度手にとり両替屋を後にした。

ところが!
いざ買い物をして財布を見ると、
な、なんと500ペソが12枚しかない!

グワ〜、やられた〜

思い返すと、おばさんの手のひらに乗せながら数えていた時、
入口のガードマンか誰かが大声を出したので、
後ろを振り返った記憶がある。
多分、その時にサッと抜いたのだろう。

もう後の祭りである。
そう言えばレシートも、おばさんがカウンターの裏へ
落としていたし・・


そして、数年前。
知り合いの日本人の彼女(ピーナ)が日本から帰って来て、100万円を
エルミタに両替しに行った。

大金なので騙されないようにと、親と親戚合わせて5人で、
食い入るように両替を見守り、100万円で45万ペソの両替をした。

しかし、パンガシナンの自宅に戻り、改めて数えると
信じられない事に10万ペソ足らなかった、という事もあった。

・・・・

以来、私はエルミタではいっさい両替していない。

自分が両替するのは、エドサ通りのヘリテージ側、
LRTとの間にある2件の両替屋のうちヘリテージホテル寄りの1軒。
または、パラニャケはドンガロにある「シルビア」。
そして、イムスのロビンソンデパート内にある「GSP」のみ。
これらはレートも信用出来て、騙されるなんて事は皆無だ。

というわけで、エルミタにご用心くだされ!
posted by alu at 07:20| Comment(8) | TrackBack(0) | 事件、犯罪、被害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

夢と散った老後の人生、ある日本人の事件・・

また悲惨な事件が発生してしまいましたねぇ・・・

2月4日に起きたこの事件は衝撃的でした。
なにしろ日本人男性(60)が発砲して義子(22)が亡くなってしまったんですから。

ルソン地方パンパンガ州サンフェルナンド市で起きたこの事件、
フィリピンはまり組?の我々にも起り得る事象なのだと思います。

事件の詳細は新聞にまかせるとして、あらましは、、、

家賃収入をあてにして建てたアパートに思いのほか
建築費がかさんでしまい、持ち金が無くなってしまった上に、
肝心の家賃収入が思うように徴収できなかった事で、
生活が苦しくなってしまったと同時に、「別の比女性との間に
子供が出来てしまった」という、よく有りがちな事ではあるけれど、
この事がこの人にとっては不幸の始まりだったのでは、と思います。

そして、頼みの家賃収入も義子が握ってしまい、自分の金が
無くなり、子供のミルクも買えなくなり、義子に取り合っても
相手にしてもらえない事で、今まで面倒を見てあげた恩を
仇で返した、とカッとして撃ってしまったらしい。

16年間比国の家族を養い、老後の余生はフィリピンで、
という彼の人生計画。
夢と散ってしまった彼の人生計画。

この事件、自分の老後をこちらでと考えている方には、
特に身につまされるのではないでしょうか。
(自分も含めて、でありますが・・)
posted by alu at 06:59| Comment(5) | TrackBack(0) | 事件、犯罪、被害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月10日

かつての盟友敵となる。政情に不穏な動き・・・

デベネシア下院議長が不信任を突きつけられて解任されたあと、
政情が風雲急を告げてきた様相が見える。

以下、フィリピンインサイドニュースより、

★――――――――――――――
デベネシア前下院議長は7日、外国人特派員に対し、
議長のイスから引きずり下ろすためアロヨ大統領の夫や
息子2人と義弟が公的資金を使って議員を買収したと話した。

かつてはアロヨ大統領の盟友だったデベネシア前議長だが、
前議長の息子が政府機関のブロードバンド化事業をめぐる疑惑を
暴露したことへのアロヨ一族による個人的報復だとの認識を示し、
政府内の汚職を暴露する考えを繰り返し述べた。

デベネシア氏は、議長追放を画策した人物として
下院議員である大統領の息子2人と義弟、それに大統領の夫
ホセミゲル・アロヨ氏の名前を挙げ、「我々は全ての買収や
汚職の陰謀に対抗する」と語った。

買収問題とは別にデベネシア氏は、04年の大統領選における
不正操作疑惑についても明らかにすると語った。
――――――――――――――★

そして、上院が証人喚問することになっていた
フィリピン・ファレスト社のロドルフォ・ロサダ最高経営責任者が
海外から帰国したニノイ・アキノ国際空港で武装集団に
連れ去られたのでは、という報道が流れたのだけれど、
実は、上院の拘引令状を執行するため香港から帰国した
ロサダ氏を待ちかまえていた上院の衛視チームを避けるため
本人からエスコートを要請された警察が身柄を確保していた事が判明。

しかし、ロサダ氏は妻と会ったが再び警察に連れて行かれたとの事で、本人からエスコートを要請されたのかどうか疑わしい。

どうも、水面下で黒い動きが活発になっているように思える。
国民そっちのけで、自分達の利権争いである。

二日前くらいから、ローカルのケイタイに、あるメールが
飛び交っている。
バクララン等の、人が集まるところに爆弾が仕掛けられている。
という内容だ。

これも、自分が思うに、上記ゴタゴタから国民の目をそらす目的で、意図的に流されているように感じるのだが・・・

ともあれ、ここ暫くは政局に注意が必要と思えた次第。
「かつての盟友敵となる」でございました・・・
posted by alu at 11:29| Comment(6) | TrackBack(0) | 社会一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月04日

【暴走老人】大丈夫かニッポン・・

産経webを見ていて気になる記事があった。

【溶けゆく日本人】蔓延するミーイズム(1)キレる大人たち
 増え続ける“暴走”、である。

★------------------------
「どういう応対をしているんだ!」。
閉店時間間際の神奈川県内の大型スーパー。
食品売り場のレジ前で、40歳前後の男性客が大声を張り上げた。

 きっかけは傍目にはささいなことだった。
会計待ちの列に並んでいる途中、客をさばいた別のレジの店員が、
すぐに「こちらへどうぞ」と案内しなかったのだ。
急ぐがゆえの叱責だったはずが、男性の怒りはいっこうに収まらない。
店の責任者を呼び出すように告げ、店員10人ほどを
横一列に並ばせて、怒りをはき出した。
店のスタッフは1時間以上にわたってひたすら頭を下げ続けた。
----------------------★

最近日本では、こんな「新老人」が増えているらしい・・・

ひるがえって、我がフィリピン。

スーパーマーケット等に行かれた方は既に経験済みと思うけど
上記のような、日本の「新老人」が来て見たら、爆発昇天してしまうであろう。
日本で当たり前のサービスなど何処にも無い。

レジに4〜5人並んでいたら、30分以上の待ち、は覚悟せねばならない。
じっと我慢である。

怒り出す客など皆無!

やっと番が廻って来たと思うと、今度は商品のバーコードが
上手く読み取れなかったり、ひどい時はバーコードシールが
付いてなかったりするもんだから、調べに行ってなかなか
帰って来ない。

それでも後ろに並んでいる人達は、じっと我慢。

で、支払いでクレジットカードなど出そうもんなら、なめるように
カードを見ていたかと思うと、身分証明を見せろと言われ、
渡すと何処かへ行って、またまた暫く帰って来ない。

それでも我慢。

とにかく我慢。

やっとの思いでスーパーを後にして家路につくと、今度はお決まりの渋滞だ。
わざわざ信号機を消して、ポリス自ら交通整理する事による人為的な大渋滞・・・

もう〜!!!
と思ってもここはフィリピン。
ひたすら我慢なんでありました。

と言う訳で、最近増えてきたと言われる日本の新老人。

税務署の窓口で女性職員を怒鳴りつけ、
平身低頭のスーパーの店員に延々大声を張り上げる−。
ときに自分勝手にも思える言動を繰り出し、
周囲と摩擦を引き起こす…
今話題の「新老人」の登場を書いた作家、藤原智美さんの
『暴走老人!』(文芸春秋)。
おもしろそうですね。

posted by alu at 21:23| Comment(8) | TrackBack(0) | 社会一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月02日

恐妻家ですか?

〜フィリピン探検隊〜のtakaさんがぶち上げました!

全世界”恐妻家の日”友の会!?

小生aluは「永久顧問」を拝命!

これは、“日本愛妻家協会”(大まじめな会です)の、

“1月31日は愛妻の日”に対抗して、フィリピーナの愛妻を

待たれた方々や「準」?の方々のために創られました!

俺は日本人や〜、亭主関白や〜、と思っているにも関わらず、

かわいいピナちゃんの、外観とは想像もつかない気性に押され、

気が付いたら手のひらに乗っていた、という恐妻家の皆様方。

今こそ一致団結し慰め合いましょう!?

・・・

しかし以前、パサイ市長のボディーガードの人の家に

行った事があるのだけれど、常に拳銃を携帯し睨みを利かす

あの屈強なボディーガードでさえ、家の中では奥様に逆らえず

借りてきた猫のようになってしまうのには笑ってしまった。

そうです!フィリピンは女性上位!

恐妻家集団国家なのです!?

posted by alu at 03:35| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
m(_ _)m 応援クリックお願いします m(_ _)m
     
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
ハートスペードダイヤクラブ
ブログランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。