Google

2008年04月28日

今日はSPAMで夕ごはん^^

この記事は、入会している「フィリピンコミュニティ」の日記としたかったのだけれど、写真容量が大きすぎてアップ出来なかったので、急遽ブログエントリとしてしまいました。^^

て事で、今日の夕食はSPAMにしたんです。

「スパム」と言うと、迷惑メールみたいだけれど、

これはポークランチョンミートの事。

元々はアメリカで戦中、冷蔵庫要らずでいつでもどこでも

ポークが食べられるようにと発案されたものらしいです。

フィリピンのスーパーマーケットではポピュラーに置いてあります。

そして、このSPAMは沖縄地方では代表的な家庭料理の食材なんです。

なんでも「スパムおにぎり」が沖縄のおふくろの味とか・・・

考えてみれば、沖縄もフィリピンも戦後一時はアメリカに支配されていました。

それの名残りなのでしょう。

更なる詳細はこちらから
スパムメールの由来が面白いですよ!

で、わたしの夕食。

これです。
SPAM.jpg

ごはんの向こうの味噌汁の器に入っているのはボラロスープです。

お米は当然「こしひかり」。

日・米・比、と3国にまたがるメニューですねぇ。

けっこう粋でしょ!(なんのこっちゃ?)

てなわけで、だいぶメタボが気になる夕食メニューでござんした(^_^)
posted by alu at 22:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フィリピンで血圧降下剤服用の方に朗報・・

実は自分は、かれこれ10年近く「血圧降下剤」を毎日服用している。

会社の健康診断の時に、血圧が145/100程度だったため「境界型高血圧」と指摘され、以後飲んでいる。

当時、かかりつけのドクターに相談したところ、「薬は飲まなくてもいいけれど、出来たら飲んだほうが良い。でも飲み始めたら止める事は出来ないよ、一生もんになるよ」と言われ、考えた末に飲む事を決断したのだった。

その後フィリピン出向。
3ヶ月分の薬を出してもらって飲み、日本に出張するたびにまた買って来る、というパターンだった。
ファイザー製薬の「ノルバスク 5mg」である。

しかし調べてみると、比国でも同じ薬を売っている。
しかもここは日本と違って、こういう薬も町の薬屋で買える。

比国の代表的な薬局チェーン店は「マーキュリードラッグ」だ。
で、先日、薬が無くなったので買いに行ったところ、店員に「カードは持ってないのですか?」と聞かれた。

「???」
「カードって?」と聞くと、こういう事だった・・

ドクターに診察してもらい、あるカードをもらい、それを薬局で提示すれば、初回は5割引、次回以降は6割引になる、というものだった。

1錠、44.75ペソが半額以下の17.9ペソになるのだ!
この割引はでかい。
1ヶ月分(30錠)1342.5ペソ(3356円)が537ペソ(1343円)になるわけだ。

早速、向いの家の大学病院のドクターにお願いした。
「ドクター、割引になるカードを下さいョ〜」

そして、カードを手にしました。
その名も「Pfizer Sulit Card」
ファイザー製薬が発行しているカードだ。

という訳で、
毎日血圧降下剤(ノルバスク)を飲まれている方で、まだ知らない方は、早速ドクターにお願いしましょう。
6割引は大きいですよ。^^
posted by alu at 02:15| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
m(_ _)m 応援クリックお願いします m(_ _)m
     
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
ハートスペードダイヤクラブ
ブログランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。