Google

2008年06月28日

がんばってるようです、フィリピン航空!

数ヶ月前、アメリカから「危ない航空会社」のレッテルを貼られてしまったフィリピン航空。機体をリニューアルすると共に、機内サービスを整備して利便性向上を図り、旅客の取り込みを目指すそうだ。

以下、トラベルビジョンより・・

★-------------------

フィリピン航空、機内サービスを整備して利便性向上、LCCも立上げ需要に対応
[掲載日:2008/06/27]
 フィリピン航空(PR)は5月2日から、サービス向上を目的に35億ペソ(約85億円)を投入し、ボーイングB747−400型機の5機、およびエアバス A340−300型機の4機のリニューアルを開始した。ビジネスクラスにあたるマブハイクラスには、プライバシーを保護するシェルを装備、ライフラットベッドになる新シートを導入する。さらに、4月1日から、乗客の希望に応じた食事を提供する新サービス「ワン・バイ・ワン」を開始、食器にはノリタケを採用し、伝統的なフィリピン料理も提供している。なお、エコノミークラスのフィエスタクラスも新シートを導入しており、マブハイクラスとともに個々の座席に画面を設置し、AVOD機器で幅広いエンターテイメントを提供する予定だ。日本路線では、成田/マニラ線にB747−400型機を使用しており、リニューアルは来年の第4四半期に完了する予定だ。

 また、フィリピンの国内旅行市場で低運賃、かつ高品質の航空需要が高まっていることをうけ、 PRは5月5日に格安航空会社(LCC)の「PAL Express」を設立。フィリピン国内の観光産業の促進につながるとし、ボンバルディアQ300型機3機とQ400型機6機を活用し、モノクラスで運航を開始している。一部の路線はマニラから運航するが、セブを本拠とし、フィリピン南部の5地点に6便が就航、PRの標準ジェット機で着陸ができない島々への就航を実現した。さらに、セブをフィリピン南部の最重要地点とし、国内外の新たな玄関口と位置づけた戦略を展開する。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★

がんばっているようですけど利便性は元より、安全性も高めてもらいたいものですね。^^

posted by alu at 23:39| Comment(9) | TrackBack(0) | 社会一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月23日

台風FRANKの猛威

台風FRANKは足早にルソン島の東海上へ抜けて行きました。しかし此処マニラでは、まだ強い雨が降っています。6月23日(月)はマニラ首都圏の学校は大学含め全て臨時休校となりました。それにしても今回の台風は被害が甚大でした。以下ご参照を・・・



台風はこれから進路を北東に向け台湾方面へ向かい、その先は日本を目指しそうな雰囲気です。日本の皆様、くれぐれもご用心ください。
posted by alu at 00:51| Comment(6) | TrackBack(0) | 事件、犯罪、被害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月22日

台風マニラ直撃中!

現在朝の6時。

台風6号(Frank、国際名Fengshen)が直撃中。

私の住んでいるダスマリニャスでも暴雨風となっている。

今現在の台風進路図です。
typ_6.gif

気象庁(日本の)台風予想進路図より。

この台風、昨日はイロイロ地方で大きな被害をもたらしている。
こちらです。↓




ルソン島地区在住の方、気をつけましょう。

posted by alu at 07:18| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月17日

大使館よりお知らせです。

在比国日本国大使館よりメールマガジンが配信されます。

詳しくは下記を参照ください。


=====================

〜メールマガジン配信のお知らせ〜
在フィリピン日本国大使館/在マニラ総領事館

=====================

当館では、今般電子メールソフトに換えて、
メールサーバーを使用して安全対策情報などを
配信することにしました。
これにより、より安定的かつ迅速な配信が可能となります。

配信の対象は、EJメール速報サービス登録者に加え、
当館に在留届を提出し電子メール・アドレスを
届出されている方全てとなります。

<本件お問い合わせ先>
ryoji@japanembassy.ph

なお、メールアドレスの変更や追加を希望される方は、
上記電子メールアドレスまで氏名(ローマ字)と
新旧メールアドレスを御連絡ください。

http://www.mailmz.emb-japan.go.jp/cmd/ph.html


以上


posted by alu at 23:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月13日

大使館のお知らせ(健康情報:腸チフス、アメーバ赤痢にご注意を)

在比国日本国大使館よりのお知らせです。

以下、原文。

★-----------------------

在留邦人の皆様へ



大使館のお知らせ(健康情報:腸チフス、アメーバ赤痢にご注意を)



2008年06月13日

在フィリピン日本国大使館



 本年初めに、ラグナ州において腸チフス患者が急増した事例がありましたが、最近、マニラ首都圏において、在留邦人の一部の方が、腸チフスやアメーバ赤痢に感染したとする事例の報告が若干増えてきているようです。

 つきましては、雨季を迎え、これらの病気に感染する機会が増える可能性がありますので、次の諸点を参考にし、感染予防にご留意下さい。


1.腸チフス

(1)腸チフスとは

 腸チフスには、腸チフス(Typhoid Fever)とパラチフス(Paratyphoid Fever)があり、腸チフスはチフス菌(Salmonella typhi)、パラチフスはパラチフスA菌(Salmonella paratyphi-A)で食中毒菌として知られているサルモネラ菌の仲間で腸内細菌に属しています。フィリピンでは頻繁にみる疾患の一つです。(ちなみに、日本では、感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(通称感染症法)にて三類感染症に指定されています。)

(2)どのように感染するのか

 いわゆる経口感染症で、チフス菌を有したネズミの排泄物に汚染された水、食品などを摂取したり、チフス患者や無症状保菌者の排泄物に汚染されたモノを摂取することにより感染します。食器などについた少量の菌で感染することもあり注意が必要です。

(3)潜伏期間と臨床症状

 7〜21日間の潜伏期間の後、階段状に上昇する発熱、バラ疹(胸腹部に淡紅色で小指の爪大の発疹を認める)、便秘などを呈します。腹痛を伴うことが多いですが、感染初期に約半数に下痢を認めるといわれます。風邪症状のない高熱では必ず可能性を考えます。

(4)診断

 上記(3)の臨床症状からの診断が容易です。また、肝機能検査(GOT、GPT)により、軽度〜中程度の上昇をみることがあります。

 第一病週(発熱時)には血液などから、第二病週以降には糞便、尿などの培養により菌が検出されます。培養検査は繰り返し行うことが大切です。

(5)腸チフスにかかったら

 治療は安静と食餌療法が大切で、抗菌剤療法として抗生物質(ニューキノロン系)が第一選択となります。近年、耐性菌が認められてきており、薬剤感受性を確認しながら治療を行うことが重要です。



2.アメーバ赤痢

(1)アメーバ赤痢とは

 アメーバ赤痢は世界各地に分布しており、約5億人が赤痢アメーバとされる原虫に感染しているとも言われ、主に、熱帯、亜熱帯地域に多く、フィリピンでも頻繁にみる疾患の一つです。(ちなみに、日本では、感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(通称感染症法)にて五類感染症に指定されています。)

(2)どのように感染するのか

 いわゆる経口感染症で、赤痢アメーバ原虫の卵に相当するシスト(cyst:嚢子)に汚染された飲食物などを摂取したり、アメーバ赤痢感染患者からの直接感染もあります。また、性行為により感染することがあるとも言われます。

 感染は、シストが体内に入ることで起こります。シストは、胃を経て小腸に達し、そこで脱シストして栄養型となり増殖し、腸の内壁に潰瘍を作り、下痢を起こします。栄養型は体外に出ると死んでしまいますが、シストの状態では非常に頑丈なので、生き延びて感染を広げることになります。

(3)潜伏期間と臨床症状

 潜伏期間は一般には2〜3週間とされ、病状は大別すると次の2種類があります。

 (a)腸アメーバ症

  断続的な下痢が起こり、ガスがたまり(鼓腸)、けいれん性の腹痛が起きます。典型的なアメーバ赤痢では、イチゴゼリー状の粘血便を排泄しますが、数日〜数週間の間隔で、症状と寛解を繰り返すことが多いです。

 (b)腸外アメーバ症

  腸外アメーバ症としては、赤痢アメーバが、肝臓に膿瘍を作ることが最も多い症例で、発熱(38〜40度)、右肋骨下部の痛み、悪寒、嘔気・嘔吐、全身倦怠などを伴います。

(4)診断

 検便による診断が容易です。

(5)アメーバ赤痢にかかったら

 治療は安静と食餌療法が大切で、抗菌剤療法としてメトロニダゾールを処方します。しかしながら、メトロニダゾールは腸管吸収が速いため、腸管内の虫体を完全に滅菌できない場合があります。このため、しばしば、テトラサイクリンあるいはフラミドを併用します。また、赤痢症状が強い場合は、食物の経口摂取制限が必要です。



3.予防に心がけましょう

 腸チフスもアメーバ赤痢も、まず感染しないための予防対策が大切です。

 生水、氷、生ものの摂取は控えましょう(水道水は3分程度煮沸し、食物は加熱することが有効です)。不衛生な飲食店、屋台などでの飲食も避けるべきです。潜伏期間が長く、何が原因食であるか特定することが困難なため注意が必要です。

 また、食事の際、外出から戻った際、トイレを使用した際は、必ず石けんを使った手洗いを心がけるとともに、手拭き用タオルは共用せず、ペーパー・タオルや個人用タオルを利用するようにしましょう。



在フィリピン日本国大使館領事班
Embassy of Japan
P.O. Box No. 414 Pasay Central Post Office
Pasay City, Metro Manila, Philippines
ホームページ:http://www.ph.emb-japan.go.jp/index_japanese_version.htm

TEL:63−2−551−5710
FAX:63−2−551−5785

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★

と言う訳で、皆様気をつけましょう!

posted by alu at 22:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月08日

呆れた罰金減額キャンペーン

MMDA(首都圏開発局)では、ことしの2月から2ヶ月間行った
交通違反罰金減額キャンペーンが好評だったため、
今回更に今月も実施する事にした。

すると違反キップを持った人々がMMDA本部に殺到。
なにしろ、複数の違反があっても罰金が一律150ペソで
済んでしまうのだから殺到するはずである。

中には数年分の違反キップ百数十枚(金額にして7万ペソ以上)
がたったの150ペソでチャラになった人もいたとか。

それにしてもメチャメチャな話である。
「好評だったから」なんて、バーゲンセールじゃあないんですよ!

これはもう、次期大統領選に向けたフェルナンドMMDA局長の売名行為と言われてもおかしくありません。

先月だったか、自身の写真入の特大交通キャンペーンポスターを張り出し、売名行為とたたかれたばかり。

ひるみませんなぁ、フェルナンドさん。
しかし、ひとりの指導者の絶大な権力でどうにもなってしまう。

その頂点が大統領なんですが、これでこの国は正しい方向に向かえるのでしょうか・・・
posted by alu at 10:01| Comment(4) | TrackBack(0) | 社会一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月07日

女性で持っている国、の証しが^^

フィリピンは女性が強い・・

ララキ(男)はババエ(女)に頭が上がらない・・

等々、こちらでは語られて来ましたが、

これを証明するニュースが入って来ました。

そしてなんと我が日本は・・・

こちらです↓

★--------------------

アジア太平洋で女性の社会進出度トップはフィリピン、
日本は最下位


MasterCard Worldwideが6月6日に発表した調査結果によると、アジア太平洋地域の13市場のうち、女性の社会進出度を示す指数が最も高い国はフィリピン(86.82)で、最も低い国は日本(49.83)だった。13市場全体の総合指数は70.38となり、昨年調査時の73.24から低下した。

同調査では、各国の統計局の資料をもとにした男女の「雇用市場への参加」「学歴」、女性の直接回答をもとにした「管理職の割合」「平均収入」の合計4項目のデータから女性の社会進出度指数を算出した。100以下は男性優位、100以上は女性優位、100が平等を意味する。

指数の低下を招いているのは、自身が管理職の立場にある、あるいは収入が平均を上回っていると考えている女性が全体的に減少していること。雇用市場への参加と学歴については男女差が縮まっていながら、主観的な部分で下降傾向にあるのは、「女性が自信を失いつつあることの表れ」とMasterCard Worldwideは指摘している。

昨年より女性の社会進出度指数が落ち込んだのは5市場で、そのうちニュージーランド(84.02から67.66)、中国(80.08から70.99)、台湾(83.50から73.20)、オーストラリア(77.05から71.69)の下落幅が大きかった。

現在、アジア太平洋地域における女性の労働人口は、男性労働人口100人に対して76.78人。高等教育を受けている女性は同様の男性100人に対して93.15人だった。自身を管理職と認識している女性は、同様の男性100人に対して52.85人で、収入が平均より高いと感じている女性は同様の男性100人に対して67.8人にとどまった。なお4項目のいずれについても、日本は平均を下回った。

nikkei BP netより

---------------------------★

なんと日本は最下位。

でも、判る気が・・・・



posted by alu at 01:07| Comment(6) | TrackBack(0) | 社会一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
m(_ _)m 応援クリックお願いします m(_ _)m
     
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
ハートスペードダイヤクラブ
ブログランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。