Google

2008年06月08日

呆れた罰金減額キャンペーン

MMDA(首都圏開発局)では、ことしの2月から2ヶ月間行った
交通違反罰金減額キャンペーンが好評だったため、
今回更に今月も実施する事にした。

すると違反キップを持った人々がMMDA本部に殺到。
なにしろ、複数の違反があっても罰金が一律150ペソで
済んでしまうのだから殺到するはずである。

中には数年分の違反キップ百数十枚(金額にして7万ペソ以上)
がたったの150ペソでチャラになった人もいたとか。

それにしてもメチャメチャな話である。
「好評だったから」なんて、バーゲンセールじゃあないんですよ!

これはもう、次期大統領選に向けたフェルナンドMMDA局長の売名行為と言われてもおかしくありません。

先月だったか、自身の写真入の特大交通キャンペーンポスターを張り出し、売名行為とたたかれたばかり。

ひるみませんなぁ、フェルナンドさん。
しかし、ひとりの指導者の絶大な権力でどうにもなってしまう。

その頂点が大統領なんですが、これでこの国は正しい方向に向かえるのでしょうか・・・
posted by alu at 10:01| Comment(4) | TrackBack(0) | 社会一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
m(_ _)m 応援クリックお願いします m(_ _)m
     
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
ハートスペードダイヤクラブ
ブログランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。