Google

2008年07月23日

出稼ぎ国家の功罪

OFW(海外出稼ぎ者)が増加しているそうな。

「今年上半期の総就業者数は64万401人となり、目標の100万人まで35万人余りとなった。1日平均で3,538人が海外に出国している」
<フィリピンインサイドニュースより>

海外出稼ぎマネーをあてにする側からは良いニュースです。
しかし、これは本当にこの国にとって良い事なのでしょうか。

最近、会社のエンジニアが突然辞めてゆくんです。
理由を聞くと「海外へ出稼ぎに行く事が決まった」という。

行けるかどうか直前にならないと判らないらしく、退職の事前届も無い。突然「辞めます」だ。これがまた有能な人間が多いのである。

これは痛い。海外とでは給与の差が有りすぎて引き止められない。そして機械を判る人間が居なくては生産出来なくなってしまう。新たに教え込むには数年という単位が必要となってくる。
今日で辞めます、なんて言われたらどうにもならないのである。
日系各社に聞くと、何処も状況は同じとの事。

これでは国内に出来る人材が居なくなってしまう。空洞化である。

出稼ぎマネーで見かけの経済は堅調だけれど、国力としてみれば衰退の一途ではないかと心配する。

こうなったら7000万総出稼ぎ国家になってしまった方が良いのでは、と皮肉ってみたくもなるのでありました。


posted by alu at 23:34| Comment(6) | TrackBack(0) | 社会一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
m(_ _)m 応援クリックお願いします m(_ _)m
     
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
ハートスペードダイヤクラブ
ブログランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。