Google

2008年08月31日

6年越し裁判で無罪勝ち取る

覚せい剤売買の疑いで裁判されていた日本人男性に対して無罪判決が出されました。

証言を重要視するこの国にあって、一旦裁判となると外国人が勝つ可能性は著しく低いと言われています。

そんな中での証拠不十分による無罪判決は画期的とも言えるのではないでしょうか。

以下、今日のマニラ新聞より抜粋です。

*----------------------------------

【危険薬物取締法違反の罪に問われた邦人男性(58)、6年越し裁判で無罪勝ち取る】

 二〇〇二年七月末に首都圏ケソン市で覚せい剤を売買したとして、日本人男性(58)=東京都出身=が危険薬物取締法違反の罪に問われた裁判で、ケソン地裁はこのほど「証拠不十分」との判断を示し、同男性に無罪を言い渡した。逮捕から六年余の年月を経た後に無罪を勝ち取った同男性は、マニラ新聞の取材に対し「信念を貫き通した結果が実り、感無量」と、身の潔白が証明されたことを喜んでいた。

---------------------------------*

この国で普通に目立たなく暮らしていれば、こうそう問題に巻き込まれる事もないかもしれませんが、日本人が日本人を嵌めるケースも多々有ると聞きます。

日本人がフィリピン人を使って他の日本人を殺める又は貶める・・

これによってフィリピンは危ない国、というイメージが出来てしまうのも事実。

そういう状況に陥る可能性のある環境に身を置かないように注意する事も大事ではないでしょうか。

いずれにしろ、今回の件も真実は「神のみぞ知る」ではありますが、いくらか比国の風が変わってきたのかな、とも思えるニュースでした。




posted by alu at 13:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月25日

輝と闇の間・・

先週月曜日の夕方、モールオブエイシア(Mall of Asia) へ行った時に撮った写真があったので紹介します。

題して「輝と闇の間」です。

輝と闇の間.jpg

バターン半島の遥か向こうはまだ光り輝いています。

ベトナムやタイ、そして更にその向こうはまだ昼間。

ひるがえって、当地は夜の闇が忍び寄って来ています。

遥か後方、北東へ4000km、母国日本は既に漆黒の闇の中。

そして12時間後にはあの光が後方から立ち昇る・・・

毎日のそんなあたりまえの風景の中のひとコマに神秘を感じたのでした。
posted by alu at 01:46| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月20日

大使館より治安情勢のお知らせです。

北ラナオ州での戦闘は更に激しくなっているようです。
在比国日本国大使館より再度お知らせが発布されました。

以下、原文をコピーします。

★------------------------

在留邦人の皆様へ

大使館からのお知らせ(フィリピンにおける治安情勢)

2008年08月19日
在フィリピン日本国大使館

1.8月12日付けの「大使館のお知らせ」にて、ミンダナオ地域における治安
情勢
が悪化する可能性が懸念される旨お伝えしましたが、ミンダナオ地域中部、西部
にお
けるフィリピン政府軍とモロ・イスラム解放戦線(MILF)との戦闘は引き続
き発
生しており、昨18日は北ラナオ州及びサランガニ州にて一般市民を含め30人
以上
が死亡する戦闘となっています。また、北ラナオ州イリガン市では17日、2つ
の簡
易ホテルで計4名が死傷する爆発事件が発生し、これを踏まえて、イリガン市は
18
日より、夜間外出禁止令(午後10時より翌朝5時まで)を導入しています。

2.また、ミンダナオ地域における戦闘状況が激しくなる可能性があることから
、不
測の事態に備えるとして、フィリピン治安当局は19日午前8時より、マニラ首
都圏
における警戒度を最高度に高めて警戒に当たっているとともに、ダバオ市におけ
る警
戒度も高めている模様です。

3.ミンダナオ地域での戦闘が発生している地域は、主に危険情報「渡航の延期
をお
勧めします。」が発出されていますので、同地域に渡航・滞在を予定されている

は、どのような目的であれ渡航を延期されるようお勧めします。また、危険情報
「渡
航の是非を検討して下さい。」に該当する地域につきましては、その渡航の必要
性、
安全対策を真剣に検討し、不測の事態に巻き込まれぬよう留意して下さい。
 また、マニラ首都圏及びダバオ市に滞在されている方は、当国における治安情
勢に
十分注意を払い、以下の点を参考に安全対策を再検討し、自らの安全確保のため
慎重
に行動してください。
(1)テレビ、ラジオ等の報道に注意するとともに、治安情勢に関する情報収集
を行
う。
(2)テロの標的となる可能性がある政府関連施設、公共交通機関、宗教関連施
設等
にはできる限り近づかない。
(3)外国人や不特定多数が集まる場所等(公共施設、レストラン、ショッピン

モール、デパート、カフェ、ナイトクラブ等)においては絶えず警戒する。
(4)入居アパート、オフィスビル及び居住区域の警備体制を再確認する。
(5)建物から避難する場合に備えて、避難経路や避難先を再確認し、日頃から
訓練
を怠らないようにする。
(7)緊急時の連絡方法を再確認する。
(8)ガラスを多く使用した高層建築物の下等はなるべく通行しないようにする

(9)爆発物発見等の事件発生に際しては、二次的被害を避けるため、現場に近
寄ら
ない。
(10)爆発音を聞いたら、すぐその場に伏せ、周囲の状況を見極めながら、速
やか
に現場から遠ざかる。

----------------------★

当該地方へ渡比中、予定のある方、在住の方は十分気をつけてください。
posted by alu at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件、犯罪、被害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月17日

久々ピクニック!

久しぶりにピクニックに行って来ました。

場所は以前も行った事があるところ。

その名のとおり、ピクニックグローブというところです。

タガイタイのタール湖を見下ろす絶景の地です。

すると、なにやら新しい設備が出来ていました。

TAAL VIEW ZIPLINE です。

TAAL-VIEW ZIPLINE 1.jpg

こんな感じで、ぶら下がって谷の向こう側へ。

TAAL-VIEW ZIPLINE 2.jpg

えらくスリルあります。

TAAL-VIEW ZIPLINE 3.jpg

こんなのは恐ろしい〜、と言う方にはケーブルもあります。
(これもある意味スリルあります)

TAAL-VIEW ZIPLINE 4.jpg

周遊遊歩道の上を横切ります。

背の高い人では頭がぶつかります。

そんなん気にしないのは流石フィリピン!(^^)


谷の向こうはこんな感じで絶景です。
(別にケーブルに乗らなくても行けますが・・)
(すみません、これは以前紹介済みの写真です)

Picnic Grove1.jpg

ケーブル等はこの下の方の左側に着きます。
↓     ↓     ↓     ↓

Picnic Grove2.jpg

てな訳で。

TAAL VIEW ZIPLINE、挑戦してみては如何ですか?

posted by alu at 23:09| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

画期的な合板、フィリピンで開発さる!

捨てていた厄介物が世の中に役立つ、と言う一石二鳥の発明。

比国よりグッドニュースです。

posted by alu at 06:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 社会一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月12日

フィリピン・ミンダナオ島、戦闘激化で人道危機の懸念

先程、日本大使館からのお知らせをエントリしましたが

現状況のニュースが飛び込んできました。

以下、AFP BBNewsです、ご覧下さい。

posted by alu at 20:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 事件、犯罪、被害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大使館からのお知らせ(治安情報:ミンダナオ地域)

ミンダナオで政府軍とゲリラとの戦闘が激化しているようです。
以下、大使館よりのお知らせ原文をコピーしますので、
渡比予定の方、在比の方、ミンダナオ地方に行かれる場合は
ご注意ください。
(当該地域におられる方は特にご注意ください!)

★-----------------

在留邦人の皆様へ

大使館からのお知らせ(治安情報:ミンダナオ地域)

2008年08月12日
在フィリピン日本国大使館

1.ミンダナオ地域に対しては、従来より、ダバオ市を除き、「渡航の延期をお勧めします」ないし「渡航の是非を検討して下さい」という危険情報を出していますが、先週来、コタバト州(旧北コタバト州)の一部地域において、フィリピン政府軍とモロ・イスラム解放戦線(MILF)との戦闘が断続的に発生しており、フィリピン災害調整委員会(NDCC)によれば、この戦闘によって、約13万人の住民が避難をしている由であり、また、報道等によれば、ダバオ・コタバト間の幹線道路の一部が封鎖された模様です。
 更に、最近のMILFとの和平交渉を巡る動き、ムスリム・ミンダナオ自治地域(ARMM)選挙等により、今後、ミンダナオ地域(特に、ARMM地域、サンボアンガ半島、コタバト州、北ラナオ州など)の治安情勢が悪化する可能性も懸念されます。

2.マニラの在フィリピン米国大使館は、8月10日付けで危険監視通知(Warden Message)を発出し、コタバト州において戦闘が発生していることを踏まえ、ミンダナオ中部地域に在留する米国人に対して安全対策を見直すよう、注意を促しています。

3.つきましては、ミンダナオ地域に対しては、ダバオ市を除き、引き続き渡航の延期ないしは渡航の是非を検討されるようお勧めしますとともに、同地域への渡航については、その必要性、安全対策を真剣に検討し、不測の事態に巻き込まれぬよう留意して下さい。

----------------★

以上

posted by alu at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件、犯罪、被害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月01日

マニラ最新情報ソース発見

昨日、会社で取っている日経新聞に折込で入って来た

primerと言うフリーペーパーがおもしろかったので紹介します。

マニラ近郊の日帰り観光スポットや、グルメにはたまらない

食事スポットの紹介から生活用品の情報等々満載です。

このフリーペーパーは主要なホテル、日本食レストラン等に

置いてあるそうですが、ホームページもあって、

こちらも様々な情報盛り沢山!

こちらからのぞいて見てください。
http://primer.ph/


posted by alu at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
m(_ _)m 応援クリックお願いします m(_ _)m
     
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
ハートスペードダイヤクラブ
ブログランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。