Google

2008年11月24日

鯛焼きとおにぎり

昨日の日曜日、モンテンルパに鯛焼きを買いに行って来ました。
場所はサウススーパーハイウェイをスサナハイツで下りたところです。
下りて道なりに行くと一般道のナショナルロードに突き当たりますので、ここを左に曲がるとほどなく左側に「たい焼き」の文字が見えてきます。
大将に聞くと、もう2年前からここで営業しているとの事。
カスタードとあんこの2種類、それぞれ10ヶづつ20ヶを2セット、合計40ヶ買いました。
でお値段はP280!
やっ安い!!
して、お味の程は・・・うまいです!
この近くにTATゴルフ場があって、たまに来るので次回からゴルフの後はここに来るようになりそうです。^^

そして今日、ダスマリニャスは家のそばのデ・ラサール大学病院前のミニストップへ行ってビックリ。
なんと、お弁当コーナーにおにぎりが置いてあるんです!
これが日本のミニストップなら当然の事だけれど、ここ比国のミニストップにさりげなくおにぎり様が鎮座ましますれば驚くのも当然!
シャケとツナマヨの2種類が置いてありました。
1ヶ35ペソ也!
思わず買いです。
日本製と同じで切り込みの入っている袋のてっぺんの部分を引っ張って開けるようになっている。
いや〜美味しいです!
シャケがいっぱい入ってる!
ツナマヨも程よく入っている!
米も一応日本米だぁ〜(フィリピン産日本米でしょうけど・・)
製造元はというと、イムス市はブカンダラ町にあるRoaming Ninja Balls Corp と書いてあります。
実は最近、ロボットを使って大量におにぎりを作り、多数の日系企業に配達しているところが有る、と聞いたことがありました。
多分、この会社がミニストップにも卸し始めたのだろうと推測されます。

昨日は鯛焼き、今日はおにぎり。
本国を思い出しながら美味しくいただきました。^^
posted by alu at 23:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月23日

改造車大集合in-MANILA

こんな改造車のショーをやっていたんですねぇ・・・

昨日MOAへ行きましたが気が付きませんでした。T_T

しかし、改造車よりもお姉さまの方に目が行ってしまいます!?

posted by alu at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月22日

アロヨ大統領:夫の急病治療で関空に緊急着陸

こんなニュースが飛込んで来ました。

★----------------------------------------

【アロヨ大統領:夫の急病治療で関空に緊急着陸】

22日午前0時10分ごろ、フィリピンのアロヨ大統領夫妻を乗せたフィリピン航空の特別機が関西国際空港に緊急着陸した。外務省や関西空港事務所によると、夫妻はアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議出席のためマニラからペルー・リマへ向かう途中で夫のホセミゲル氏が機内で急病になったという。

 ホセミゲル氏は大阪府泉佐野市の府立泉州救命救急センターに救急搬送された。病院内では、アロヨ大統領が心配した様子で付き添っていた。

 アロヨ大統領は同日午前9時ごろ、リマに向け関空を飛び立った。ホセミゲル氏は、引き続き治療を受けている。

毎日新聞ニュースより
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20081122k0000e040057000c.html

----------------------------------------★

posted by alu at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月21日

フィリピンでは見れません!

絶対に見れません、比国でこんな風景は。

すばらしいですねぇ、我が日本の秋。

今、箱根が紅葉の見ごろを向かえています。

そして、その先には雪の冠の富士山が・・・

秋の行楽シーズンなんですなぁ。

帰りたくなります・・

posted by alu at 01:37| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月19日

外国人経営者に永住権

フィリピンインサイドニュースより 

政府は17日、より多くの投資家を誘致する方法として、10人以上のフィリピン人を雇用する外国人に永住権を与えることを決めた。
 リバナン出入国管理局長は、世界的な景気減速に備えて、より多くの比人が仕事を得ることを願ってアロヨ大統領が新しい規則に署名したとしており、外国人投資家が無期限に滞在できるビザを容易に取得できることで、雇用が促進されると期待している。
  入管によると、新しい規則は持続可能な商業、貿易、工業で10人以上の比人を雇用する外国人に適用されるという。ただ、比人従業員がいなくなった後もこのビザを所有できるかについては明らかにしなかった。
  フィリピンは、慢性的な汚職やゲリラによる治安問題のため外国人投資を増やすことに苦労している。(Star)

--------------------------------------------★

こんなニュースが入って来ました。

しかしこれがどのくらい効果があるか疑問ですね。

また、会社が存在する間だけのビザでは永住権ではありません。

どうも曖昧ですね。

不正取得にかかわる汚職の温床になりかねません。

様子見、ですね。

posted by alu at 06:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月02日

フィリピン航空の元客室乗務員、最高裁で敗訴

19年も裁判している比人が居たんですね。

しかし・・

「自分の体重とPAL機の耐空性には全く関わりがないと主張〜」

って、耐空性の問題ではないと思うのですけど。^^

以下、AFP国際ニュースをご覧ください。

posted by alu at 07:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
m(_ _)m 応援クリックお願いします m(_ _)m
     
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
ハートスペードダイヤクラブ
ブログランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。