Google

2009年01月27日

近所で惨忍な事件発生!

今回もまた事件の話となってしまった・・・

今日未明、私の家から300m程離れたある家でその事件は起きた。
その家は女性の親子が二人で住んでいた。
お母さんは60歳すぎ、娘さんは20歳過ぎの親子で
息子は世帯を持ち別居していた。

午前2時半ころ、息子の男友達が尋ねて来た。
顔見知りなので家に招き入れたところ、その男は「金を貸してくれ」と言ってきた。

母親が「今お金は無い」と言ったところ、その男は「ビールを飲ませて」と頼み、もらって庭にあるバハイコボで飲みだした。

そして事件が発生。
暫くすると突然家の中に入って来て、手に持ったアイロンで母親の頭を殴りつけたのだ。
それも何回も何回も、ついには脳みそが飛び散るまで殴り続けたのだそうだ。

その後、今度は娘さんに襲い掛かり、今度はナイフで腹を刺した。
ナイフは肝臓にまで達してしまったと言う。

そしてその男は逃走。
娘さんは何とか自力で外へ出て助けを呼び、病院へ搬送された。

その後、病院での娘さんの供述を元に、家に帰って血のりを洗っていた犯人の男はポリスに逮捕されたそうだ。

話によると、その男は麻薬の常習者だったようで、そのせいで常軌を逸した行動に出てしまった可能性もあるのです。

これが事件の顛末なのだけれど、日系企業の社長が撃たれた事件といい、世の中が不景気で不満を持った上にシャブで憂さ晴らしをする輩が増えると益々物騒になって来ると思います。

先日のマニラ新聞に出ていました、「比国は人口の7%が麻薬を吸っている」と・・・・




posted by alu at 22:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 事件、犯罪、被害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

日系企業社長撃たれる!

人から聞いた話ではあるのだけれど、カビテで日系企業の社長が銃で襲われた模様です。

幸い弾はそれて当たらず、その邦人社長の体には被害は無かったようなので一先ず安心。

どのような理由で襲われたのか現時点では判りません。
しかし世界的な経済不況の中、在比日系企業のほとんどの会社は人員整理に踏み切っており、職を無くしたワーカーの恨みをかっている可能性もあります。

数日前のマニラ新聞には、ラグナ州ビニャン及びサンタロサ地区にある「ラグナテクノパーク」では3万5千人がすでに解雇されたと報じていました。

カビテにある日系企業も続々と派遣社員を解雇していますので、こちらも既に相当な数の失業者が出ていると推測されます。

中には不当解雇だと労働省に異議申し立てする者もいるようなのですが、数が多すぎて一々聞いていられず、この時勢では仕方が無いと言って受理していない模様です。

このような情勢ですので、気持ちがおさまらずに責任者を狙うという実力行使をする者が出て来ても不思議ではないのです。

これから先、日本人は更に安全に気を配る必要があると思います。
とは言え此処は銃社会。
そして簡単にヒットマン(刺客)を雇える国です。
会社の行き帰りに狙われたらドライバーごと撃たれてイチコロです。

常に通勤の道を変えるとか、時間を変える等したほうが賢明かもしれません。
前出の社長は専用車を防弾仕様に改造するようです。

それにしても大変な情勢となったものです。
在比の方も訪比される方もどうぞお気をつけください。

posted by alu at 22:47| Comment(8) | TrackBack(0) | 事件、犯罪、被害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月08日

日本大使館よりお知らせです

国籍取得について

在フィリピン日本国大使館
在マニラ日本国総領事館

国籍法が改正され、平成21年1月1日から、
日本国民の父から認知されていれば、
父母が結婚していなくても届出によって
日本の国籍が取得できるようになりました。

1.国籍取得の要件
(1)国籍を取得しようとする方が
・父に認知されていること
・20歳未満であること
・日本国民であったことがないこと
・出生したときに、認知をした父が日本国民であったこと
(2)認知をした父が現に日本国民であること
 (認知をした父が死亡している場合には、
  死亡した時に日本国民であったこと)

2.経過措置による国籍取得(現在20歳以上でも
 次のすべてに該当する方は、平成23年12月31日までに
 届け出ることにより日本の国籍が取得できます。)
(1)昭和58年(1983年)1月2日以後に生まれた方
(2)20歳に達するまでに父に認知された方
(3)生まれた時に父が日本人であったこと
(4)父が現に日本人であること
   (認知をした父が死亡している場合には、
   死亡した時に日本国民であったこと)

3.国籍取得の基本的な流れ
(1)日本人父親による認知届の提出
   →戸籍に認知の事実が記載される
(2)国籍取得届の提出
   →法務省からの国籍取得許可の通知
(3)戸籍記載のための国籍取得届
   →戸籍に日本国民として記載される

4.認知届の提出方法(在マニラ日本国総領事館の場合)
(1)届出者:日本人父親(顔写真付き身分証明書持参のこと)
(2)必要書類(必要に応じて追加資料の提出を求める場合があります)
・父親の戸籍謄本(2通)
・子の出生証明書及び日本語訳(2通)
・母親の出生証明書及び日本語訳(2通)
・母親の婚姻歴証明書(CENOMAR) 及び日本語訳(2通)

5.国籍取得届の提出方法(在マニラ日本国総領事館の場合)
(1)届出者:子が15歳未満の場合は子と親権者が出頭、
   子が15歳以上の場合は子が出頭
   (顔写真付き身分証明書持参のこと)
   届出書は日本語で記載します
(2)必要書類(必要に応じて追加資料の提出を求める場合があります)
・子が出生してから現在までの父親の戸籍謄本・改製原戸籍等(2通)
・子の出生証明書及び日本語訳(2通)
・子の居住証明書(Barangay Certification) 及び日本語訳(2通)
・母親の出生証明書及び日本語訳(1通)
・母親の婚姻歴証明書(CENOMAR) 及び日本語訳(1通)
・母親が妊娠した時期の両親の渡航履歴を証明する書面 
 (旅券、Travel Record)(一式)
・写真(5×5cm、2枚)子が15歳未満の場合は
 子と親権者が一緒に写っている写真、
 子が15歳以上の場合は子が一人で写っている写真
・申述書(及び外国語で書かれた場合には日本語訳) (1通)
(申述内容)
(イ)父母が知り合った経緯
(ロ)子が出生するまでの交際状況
(ハ)子の出生から認知に至る経緯
(ニ)認知以後現在までの交際状況(父との同居、扶養の有無を含む)
(ホ)婚姻歴等身分関係の状況
(ヘ)申述日、署名

6.戸籍記載のための国籍取得届の提出方法
 (在マニラ日本国総領事館の場合)
(1)届出者:子が15歳未満の場合は少なくとも母子が出頭、
   子が15歳以上の場合は子が出頭
   (顔写真付き身分証明書持参のこと)
  、届出書は日本語で記載します
(2)必要書類
・国籍取得証明書(法務省より在マニラ日本国総領事館宛に送られてきますので、ご連絡します)
・印鑑(無い場合は拇印にて押印します)

 上記はとりあえずのご案内をしておりますところ、
 詳しくは今後掲載する当館ホームページを参照いただくか、
 直接当館領事班にお問い合わせ下さい
(問い合わせ窓口:日本語834-7508(内線5番)
 英語・タガログ語834-7514(内線5番)) 。

===========================

<在留届・変更届の提出>
在留届を未提出の方や、転居や家族の異動、電話番号
緊急連絡先の変更など「在留届」に記載された情報に
変更・追加が生じた方は、速やかに当館に届け出ください。
(特に住所・電話番号・Eメールアドレス等に変更が生じた場合、
 変更の届出を行っていないと、当館では在留状況等を
 確認することができず、緊急事態発生時等に当館から
 緊急の連絡が行えないこととなります。)
 届出の方法は以下をご覧ください。
http://www.ph.emb-japan.go.jp/visiting/consular_j/zairyu.htm 
―――――――――――――――――――――――――――
<在外選挙の登録>
在外選挙人名簿への登録が済んでいない方は、
次回国政選挙に備えて早めに登録申請してください。
手続き方法は、http://www.ph.emb-japan.go.jp/visiting/zaigai1.htm をご覧いただくか、当館在外選挙担当
TEL:(02)551−5710(内線1413)、ryoji@japanembassy.ph)までお問い合わせください。
============================================
[在フィリピン日本国大使館/在マニラ日本国総領事館]
【所在地】2627 Roxas Boulevard, Pasay City, Metro Manila
【郵便物宛先】c/o Embassy of Japan
P.O. BOX 414, Pasay Central Post Office, Pasay City, Metro Manila
【電話番号】
代表: (02)551−5710
領事班直通: (02)834−7508 (受付時間 08:30−17:30)
邦人援護緊急ホットライン:(02)551−5786
【FAX番号】
代表: (02)551−5780
領事班:(02)551−5785
【メールアドレス】ryoji@japanembassy.ph
【HPアドレス】http://www.ph.emb-japan.go.jp/index_japanese_version.htm
【領事窓口申請受付時間】月〜金曜 08:40-12:00 及び 13:30−16:30 (除く査証)
【休館日】土曜・日曜日の他、フィリピンの祝祭日及び一部日本の祝祭日は休館となります。
http://www.ph.emb-japan.go.jp/about/holiday_j.htm 
==========================================
posted by alu at 07:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月01日

謹賀新年!

みなさま明けましておめでとうございます。
本年も昨年同様、宜しくお願い申し上げます。

いや〜、それにしても此処比国では相変わらずのカウントダウン模様で御座いました。
夜も更けて来ると彼方此方で爆竹や花火の音が断続的に聞こえて来て
11時半を過ぎるとそれが連続的な炸裂音となり、それはもうすごいもんでした。
おまけに本物の花火がドド〜ンと上がるんです、それも四方で!
そんなスペースなど無いはずなのに・・・て事は危ないなんて事は考えずにお構い無しに上げているんだと思います。

で、私も対抗して?負け時と爆竹ロールを持ち出します。
ロールをほどくと長さ5m程になり、500ヶ程の爆竹が繋がっています。
それを家の前の道路に敷いて導火線に点火!
いやはやすごい音でした・・・^^

今朝のABS-CBNニュースでは全国で165人が花火でケガをしたと報じています。
しかし、過去4年間の平均よりは18%減っているとか・・・
こちらのURLから見れます。
http://www.abs-cbnnews.com/nation/12/31/08/doh-165-injuries-related-new-year-revelries-so-far

と言う訳で、大騒ぎの内に新年が明けたのでしたが
自分としては日本の厳かな雰囲気が懐かしいです。
紅白が11時45分で終わり画面が切り替わると、とたんにTVが静かになり除夜の鐘が「ゴ〜〜ン」・・・
この対照的な落差が好きだったんです。
あ〜、もうすぐ新年だなァ、と気持ちが落ち着いたものです。
(家のケーブルTVではNHKはBS1しか入らず見れないんです・・・)

今年はほんとに厳しい年になりそうです。
益々頑張らねば、と自分に言い聞かせている年初です。
posted by alu at 15:17| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
m(_ _)m 応援クリックお願いします m(_ _)m
     
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
ハートスペードダイヤクラブ
ブログランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。