Google

2007年05月19日

ショック、近くで殺人事件発生!

さっき、サブディビジョン(住宅地)の役員が弔意金を集めに来た。

その人によると一昨日の夕方、1人の男が銃を手に持ちながら
徒歩でサブディビジョンに入ろうとした。
当然、入口にはゲートが有りガードマンが居るのだが
その男はガードマンの制止を無視して入ろうとし、持っていた銃で
いきなりガードマンの左側頭部を撃った。
そして倒れたところで更に頭部に1発と腹部に3発、合計5発撃ち
とどめを刺してまた歩いて帰って行ったそうだ。
原因ははっきり分からないらしいが個人的な問題かいざこざに巻きこまれたのかもしれない。

ショックである・・・
いつも住宅地から出る時入る時、敬礼して見守ってくれていた
ちょっと小太りで気難しそうなあのガードマンが殺されてしまった。

銃社会までもアメリカナイズされ、安い金ででヒットマン(刺客)を雇えるここフィリピン。
派手な立ち振る舞いやいざこざは極力控えたほうが身の為だと思う。

亡くなられたガ−ドマンの方のご冥福をお祈りします。
posted by alu at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件、犯罪、被害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/42227839

この記事へのトラックバック
m(_ _)m 応援クリックお願いします m(_ _)m
     
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
ハートスペードダイヤクラブ
ブログランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。