Google

2007年07月18日

垣間見た、この国の教育レベル

今日、仕事が終わり、友人宅(日本人)にお邪魔したところ
友人が憤慨していた。

どうしたん?と聞くと、プライベートスクールに通う小学校1年の娘さんが授業中にまったく答えられなかった所があり、見てみるととても小学校1年生が勉強する内容ではなく、なぜこんな難しい授業をするんだろう、との事。

どれどれ、と教科書をのぞくと・・・
ンッ、こ、これは英語の単語を調べなくてはアッシも判らん。
てな事で、まずは英和辞書と格闘となった。
で、判ったのだが・・・
まずはこの小学校1年生に対する科学(SCIENCE)の問題を見てください。
(面白いのでコピーさせてもらいました)

Concluding the Lesson.
Babies are born from the mother`s womb. Newborns are helpless and their special needs are to be met by their parents and by other older members of the family as well.〜〜とまだまだ続くのです、
要は家族の事に対して書かれているのですが、この文章を読んだ後の問題がすごいんです。

問題の1部
A word which means passing of characteristics from parents to their children?
両親から彼らの子供まで特性が伝わる事を意味する単語は?

答えは
Heredity(遺伝)

これですよ!
まず、グレード1(小1)の子供が読む単語、文章ではありません。
なにしろ英語の教科書を見せてもらうと、Nick, this is my teacher Mrs Karen. などと人を紹介する会話の仕方などを学んでいる最中。
そんな子供に上のような文章を理解して答えろ、と言うほうが無理ですよね。

そこにこの国の教育レベルを見たような気がしたのです。
チグハグなのです。
これでは結局判らないまま進んでしまいます。
こんな難しい授業は高学年で行い、もっと小1に相応しい事柄を勉強させた方が身につくのに、と思った次第。

しかし、でも、こちらの小1はこれが理解できるのが普通だったりして・・・
となると、比の教育恐るべし、となるのだが。。。
posted by alu at 23:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
aluさん、こんにちは。
inheritanceと答えてしまった小一落第のphilerです(笑)。
しかし、英語の教科書でThis is my teacher、それが科学でheredityですか。
この単語、初めて聞きました(汗)。
そういえば、どうして理科や算数を英語で教えるの?とフィリピノに聞いても、逆になぜ(国語である)フィリピノ語で教える必要があるのだ?と逆に聞き返されたことがあったような・・・。
なんかこちらが間違っているような錯覚になりましたが、フィリピノに特有のハチャメチャ論理は、このあたりにも理由があるのではないでしょうか(笑)。
Posted by philer at 2007年07月21日 17:58
philerさん>
こんばんは。
そうなんですよ。
このへんがハチャメチャなんですねここは・・・

Replyが遅くなってすみません。
実はダバオへ行っておりました。
また再開します。
よろしく!
Posted by alu at 2007年07月23日 02:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/48390016

この記事へのトラックバック
m(_ _)m 応援クリックお願いします m(_ _)m
     
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
ハートスペードダイヤクラブ
ブログランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。