Google

2007年07月29日

ダバオ Part5 フラワー編

今回のダバオ行きでは南国の花も撮って来ました。

南国の花特有の極彩色に彩られた花たちをご覧ください。

まずは、トーチジンジャーという名前の花です。
トーチとはかがり火という意味で、オリンピックの聖火のような感じですネ。
Torch Ginger.jpg


次は、ロブスタークロウです。
ロブスターの爪、という意味だそうです。
調べてみると「ヘリコニア」という名前もあるようですが
詳しくはわかりません。
Lobster@Claw.jpg


さて、このかわいらしい花。
調べてみたのですが資料不足で名前が判りません。
赤紫、オレンジ、黄色、と段々になっているのです。
何か人工的な感じを受けるのですが、ちゃんと一つの茎から咲いているのです。
かわいらしくて不思議な花・・・
どなたか名前等を知っておられましたら教えて下さい。
Image186.jpg

こちらも同様。
紫単色のものもあったり黄色と合わさったりしています。
Image187.jpg


南国の花たち・・・
強い太陽の光を吸収し、強烈に自己主張していました。
posted by alu at 17:48| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やっぱ南国 原色の花が多いんですネ
Posted by aga at 2007年07月29日 18:11
agaさん>
そうですね、日本の花の淡い色の「おくゆかしさ」も良いですけど、原色もまたきれいですね。
Posted by alu at 2007年07月29日 18:47
こんばんは
海、フルーツ、花々のどれをとってもダバオは良いところのようですね。aluさんのブログを拝見してダバオに行ってみたくなりました。 治安が良いというのもすごく引かれます。
Posted by BABOY at 2007年07月29日 20:13
BABOYさん>
こんばんは。
いやほんと良いところですよ。
一度は行ってみて下さい。
私もフィリピン感が変りました。
Posted by alu at 2007年07月30日 01:12
本当にいいですねぇ
ダバオは…自然がいっぱいですねぇ

ブラクラク、フルーツ、シーフード、Mt.アポ、ババエ…あっ ソリ マチガイタ…
Posted by 裂空ミスキタ at 2007年07月30日 16:37
裂空ミスキタさん>
いや〜、マガンダンババエもいっぱいでス!
但し、マニラのあるお店でセブから来た子が言いました、「ダバオのババエは気性が荒い」そうです!?
Posted by alu at 2007年07月30日 18:13
う〜ん…そうでつねミンダナオ産の子はスパニッシュ魔癌堕系とワイルドマンキー系に別れまつが共通点は凶暴でつな…
北行ってパンパンガ辺り産は、変にプライド高く、クレバーな子マラミでつが気が強いです…

ですから、中西部セブ辺りが適当かと??
Posted by 裂空ミスキタ at 2007年07月30日 18:41
裂空ミスキタさん>
うん、同感でつ。
凶暴でつ。
おっと、移ってしもたわい。
ちなみにカビテババエも似たり寄ったり、獰猛でつ!
Posted by alu at 2007年07月30日 21:28
ドリアンを検索して辿り着きました。
名前のわからない花は「ランタナ」のように見えます。
南国のフルーツが色々食べられる様で羨ましい限りです。ドリアンより美味しいマラン・・・一度食べてみたいです。
Posted by donpa at 2009年11月11日 18:22
donpaさん>
こんばんは。
コメントありがとうございます。
「ランタナ」ですか。
かわいらしい花にピッタリの名前ですね。
南国のフルーツ食べ放題!みたいなもんですが、ドリアンは食べれません・・
マランも一回口にしましたが・・
ダメでした。T T
やっぱりマンゴーです!私には!^^
Posted by alu at 2009年11月11日 22:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
m(_ _)m 応援クリックお願いします m(_ _)m
     
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
ハートスペードダイヤクラブ
ブログランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。