Google

2007年08月24日

フィリピーナ、笑顔と怒り顔の落差・・・

フィリピーナの笑顔、、、
素晴らしくチャーミングである。
笑顔ワールドカップなるものがあったら、たぶんダントツに世界一だろう。
このスマイルフェイスに日本人の男性諸氏はコロッといってしまう。
あの笑顔を見てしまうと全てが許されてしまう、ような気になるのだ。

ところが・・・
いざ本気で怒らせてしまうと状況は一変。
世界一の笑顔は消え失せ、目じりは釣り上がり、刺すような目線で睨んで来る。
この落差も世界一ではないか、と思えるくらい変貌してしまう。

カラオケで「たまには違う子がいいか」なんて、いつも呼んでる子をさて置き、他の子を指名しようもんならとたんにこの落差を経験する事になる。
指名されなかった「いつもの子」は遠くから鋭い視線を送ってくるのだ。

まったく「こっちは客なんだから誰でもいいじゃん」と思うのだが
彼女たちはそうは行かない、なんせ生活が掛かっている。
必死なんである、笑顔なんて言ってられない事情となるのだ。

ある意味これは、生きるか死ぬかの弱肉強食の世界。
ふやけた日本人は経験した事のない世界なのかもしれない・・・

posted by alu at 07:13| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
aluさん、僕がフィリピン人スタッフから聞いた話だと、生活が掛かっているからというのが50%、ジェラシーが50%だそうです。
いや、どちらかというと、ジェラシーの方が多いと....。
「私のお客さんを取らないで」とフィリピン女性同士でケンかになることも多いとか。
これも商売が理由というより、「あのお客=私のもの」、ゆえに「私のものに手を出した」という発想らしいです。
客からしたら、どうでもいいことなんですがね。
Posted by Kenn at 2007年08月24日 12:32
Kennさん>
>生活が掛かっているからというのが50%、ジェラシーが50%だそうです。

そう言えばそうですね、こちらの子の嫉妬心はまたすごいものがありますもんね。

しかしまったく、金を払うのはこっちなのに、なんで気を使わにゃいかんの?
と、私も以前思いましたョ。
いまは諦めてます(笑)
Posted by alu at 2007年08月24日 17:58
こんにちは。
kennさんのところから訪問させていただきました。
ピーナのジェラシーはすごいですよ。
以前付き合っていたピーナが”別れましょう”というので別れたのですが・・・
そのピーナ、別れたにもかかわらず私の新しい彼女(やっぱピーナ)のところに乗り込んで行きました。
別れた後に付き合いだした彼女なのに・・・関係ないはずなんですが・・・
Posted by taka at 2007年08月25日 10:15
takaさん>
はじめまして。

>別れたにもかかわらず私の新しい彼女(やっぱピーナ)のところに乗り込んで行きました。

なんともまぁ・・・
私も時たま思うんですけど、こちらの人間はSelfishですね。
理解しがたい部分があります。

てな訳で、
これからも宜しく。

Posted by alu at 2007年08月25日 12:26
kennさんとこで読んだのですが、aluさんホワイトレディー見ちゃったんですね。
Posted by taka at 2007年08月25日 16:06
そうです。
見てしまいました。
もう6〜7年前の事ですけど・・・
Posted by alu at 2007年08月25日 16:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
m(_ _)m 応援クリックお願いします m(_ _)m
     
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
ハートスペードダイヤクラブ
ブログランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。