Google

2007年09月15日

荒んだ社会、危うく深刻被害に・・・

比国に戻ってからのこの一週間は大変でした。
ほぼ毎日来客の嵐。
昼は打合せ、夜は会食、そしてお決まりの二次会お店巡り・・・
毎晩午前様で、朝は平常出勤、客が来るまでに溜まった仕事をこなして・・(こなしきれず溜まる一方なんですが)
と息つく暇も無く、睡眠時間は2〜3時間位でしょうか。
もうクタクタです。
こんなのも久々。
ブログをアップする気にもなれませんでした。
やっと土曜日で、今日明日は休養です。
でも来週もしんどそうなので気が重いなぁ・・・

と言いながらも小耳に聞いた話をひとつ。
ある日本人が危うく難を逃れた事件です。

その人(日本人)は、深夜帰宅するために車を運転していました。
郊外の道を走っていると、前方右側の道端に男が一人立っているのを発見。
何やら片手を上に上げている。(比は左ハンドル右側通行です)
「なんやおかしなやっちゃなぁ」と思いつつ、その男の脇を通りぬけようとした瞬間、
バシーンと音がしてフロントガラスの右側にひびがはいった。
男が石を投げたのだった。
このやろ〜!
と車を止めて外に出ると、さっきは男が一人だったのに、なんと4人に増えていてこちらに向かって走って来る!
ヤバイ!と思ったその人は慌てて車に飛び乗り急発進させた。

これが事件のあらましなのですが、もしその時に応戦していたらどうなっていたでしょう。
多分、身包み剥がされ、車も盗られていたのでは。
最悪、命までも取られていた可能性も大なんです。

こんな強引な強盗手口は日本では聞いた事もありません。
そして、日本人を狙った事件でもないですね。
誰が運転しているか判らないですから。

それにしても、どうしてここまで強引になるのでしょうか。

当地では貧富の差が激しく、ヘリコプアターでゴルフに行く人が居る中で、食事も満足に摂れない人が大勢います。
なぜそうなのか?
とにかく仕事がないのです。
この国では大学まで出ないと、SMデパートのアルバイトも出来ないのですが、多くの人が貧しいために高校へも行くのを諦めたり、小学校すら行けない場合があるのです。
そのような人は、職を見つけるのはほぼ不可能で、家族親戚又は隣人に食わしてもらう状況になります。
こうなると気持ちが荒み、手っ取り早く稼げる方へ向いてしまうのです。
すなわち強盗、麻薬の密売etc、、、

で、今回の事件のように、車を所有出来る金持ちを襲うという事態になるんです。
結局まともな政治を行わず、国民をおろそかにしているつけが、荒んだ社会となって来ているのです。

フィリピンも大分安全になって来た、という人もいるようですが、
私はまだまだと思います。

posted by alu at 10:49| Comment(6) | TrackBack(0) | 社会一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
aluさん、復活おめでとうございます。
この投石強盗の未遂、田舎で遭遇したことありますよ。
雨振りの合間に、親戚みんなと車2台でプールに出掛けた帰り道、後ろの車がいきなり投石を受けました。
強盗は2、3人で待ち構えていましたが、こちらは車2台分の10数人がゾロゾロと登場、血相を変えて逃げていきました。
石が当たった場所はボンネットだったので被害は大きくありませんでしたが、たまたま知り合いから借りた車だったので、あとで知り合いに謝るのが大変だったそうです。
困ったものですね。
Posted by Kenn at 2007年09月15日 12:33
Kennさん>
ありがとうございます。

>この投石強盗の未遂、田舎で遭遇したことありますよ。

そうですか、やはり他でも同様の事件が起きているんですねぇ。
気をつけましょう。
Posted by alu at 2007年09月15日 13:44
aluさん、お久しぶりです。
まさに一歩間違えれば命までとられていたケースのようですね。
こういった事件が身近で起こるフィリピン、
>大分安全になって来た、という人もいるようですが、私はまだまだと思います。
気を引き締めないと、明日はわが身、ということになりかねません。
といっても、こういうのは半ば「運」でもあり、自分の力ではどうにもならないところが厄介ですね。
Posted by philer at 2007年09月15日 15:56
philerさん>
こんばんは。
ご無沙汰です。

>半ば「運」でもあり、自分の力ではどうにもならない

そうですね、最大限用心しながら、後は「運」ですね。
Posted by alu at 2007年09月15日 23:28
いくら貧しくても真面目に頑張ってるピリピン人も居る訳で…
強盗なんかやる単細胞な輩は、法律を厳しくして処罰するしかないでしょう…

政府も確かに悪いでつが、結局目の前の利益につられて選挙をした結果でつから…

ピリピンに死刑があるかどうかは知りませんが…死刑制度は犯罪の抑止力になっている訳で、刑罰が厳しければ少しは犯罪が減ると思いまつ…
治安の良いと言われてる日本の刑法よりは、かなり厳しく改正しないとダメでしょうなぁ…
Posted by 裂空ミスキタ at 2007年09月16日 08:14
裂空ミスキタさん>
こんにちは。
そうなんですね、まじめな人がほとんどなんですが。
死刑制度はあるみたいですよ。
原則的に麻薬犯罪は死刑が摘要されると聞きました。
この先鋒がダバオ市ですね。
麻薬犯罪者には市長命令でヒットマンが出動します。
司法とは別なんですが・・・
Posted by alu at 2007年09月16日 12:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/55439478

この記事へのトラックバック
m(_ _)m 応援クリックお願いします m(_ _)m
     
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
ハートスペードダイヤクラブ
ブログランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。