Google

2007年09月28日

フィリピンのビジネス環境評価、ランク低下

 世界銀行とその民間投資部門である国際金融公社(IFC)が発表した世界各国のビジネス環境ランキングによると、フィリピンは昨年の130位から133位にランクを下げた。
 178カ国を対象とした調査で、フィリピンについては、ビジネス規制の分野で改革が遅いと指摘された。ちなみに05年は121位だった。
 ランク低下について世銀の担当者は、多くの国は改革を進めているがフィリピンは何の改革も行われなかったためだと指摘した。
(Manila Times)
<フィリピン・インサイドニュースより>

困るのですよ、こう言う事では。
投資環境を整え常に見直して、企業の発展とそれによる経済向上を図るのが政府の仕事のはずですが、「何の改革も行われなかった・・」とは、まったく怠慢としか言いようがありません。

現地法人がアジア各国にある企業の方も「比国に対しては魅力が無く、今後は撤退も有り得る」と話しています。

中国と違い、この国の弱小経済では国内需要が見込めません。
輸出で企業が生き残るにしても、環境が整備された他国の製品がコスト的に有利となれば、企業の存続意義が無くなってしまうのです。

私が「哀楽駐在員」に成る日も近いのかも知れません・・・
posted by alu at 01:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
aluさん、おはようございます。
政府や官僚たちは一体普段何をやっているんでしょうね。
彼らは自分の仕事が何なのか、理解をしているんでしょうか。
きっと自らの蓄財額にのみ興味がいっていて、国がどうなっていくのかなど、どうでもいいことなのでしょう。
困ったものです。
Posted by Kenn at 2007年09月28日 05:44
Kennさん>
おはようございます。
仰るとうりですね。
しかし、こんな国でも株が上がり
またペソ高になってますねぇ。
輸出企業はますます大変になってしまいます・・・
Posted by alu at 2007年09月28日 06:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
m(_ _)m 応援クリックお願いします m(_ _)m
     
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
ハートスペードダイヤクラブ
ブログランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。