Google

2007年12月03日

車と飛行機の対決・・意味あるか?

今回の記事は、フィリピン関係ではないのだけれど
ニュースを見ていて、ちょっと気になった話題をひとつ。

『ランボルギーニ・レヴェントン、トーネード戦闘機と対戦』

イタリア北部、ブレシアの軍事空港において、今週、空軍によって提供されたトーネード戦闘機(A200-A)と、ランボルギーニの公認テストドライバーが運転するランボルギーニ・レヴェントンによる、異例の加速レースが開催された。

このイベントは、戦闘機のパイロットとランボルギーニのテストドライバーが、3キロの滑走路で、その加速を競い合うというものである。レヴェントンは、レースの前半においてリードを保ったが、トーネード戦闘機が最後の数メートルでレヴェントンに追いつき、340km/h を超える速度でレヴェントンをかわして離陸した。

<msnニュースより>

どうも、ヨーロッパ人はこの手の「対決」がお好きである。
F1と戦闘機と競わせるなどというのは、毎年行われている。

まぁ、車の宣伝にはうってつけなのかもしれないが、
日本やアメリカでは、このようなニュースを聞いた事がない。
あるのかも知れないけれど、私の知る限りでは、無い。

大体、戦闘機と車を競わせる事自体、無意味と思う。
どんなに高性能の車でも、最高速度は飛行機の離陸速度程度。

あの、747ジャンボでさえ、V1(離陸決心速度)は140〜170ノット(時速約259〜315キロ)。
そして離陸後の上昇角度は、かのゼロ戦でさえ、かなわない離陸上昇角度なのだ。

離陸決心速度とは、この速度を超えたら、もう何があっても飛ぶしかない、という速度の事です。
この速度で離陸を中断すると、滑走路上ではもう止まれないんです。

フィリピンへの往復で、普段乗っている旅客機も、こんなスピードで離陸するんですねぇ。

おっと、話がそれてしまったけど、まぁ、別にどうでもいいんですけど、妙にヨーロッパから、こういうニュースがよく聞こえてくるので、記事にした次第。

お付き合い、ありがとうございました。
posted by alu at 23:15| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本ですね、pinsanはフィリピンに帰国しました^^ヤッパこちらがいいです(笑)
Posted by pinsan at 2007年12月04日 09:30
pinsanさん>
いや〜、寒いですわ、日本は!
早く戻りたいです^^
Posted by alu at 2007年12月04日 11:30
aluさん、こんばんは。
僕は何度飛行機に乗っても、離陸時と着陸時が怖い!
「ここで事故が起きたら死ぬな」と非常に複雑な心境になります。
きっと情けない顔をしているんでしょうね。
巡航高度になると何とも思わなくなるのが我ながら不思議です。
Posted by Kenn at 2007年12月04日 19:26
Kennさん>
こんばんは。
私も同じです。
離陸時には、スピードがV1まで上がるのだろうか?
着陸時には、滑走路をはずれないだろか?
等々、考えてしまいます。
でも、上空ではすっかりリラックスで寝てるんです(笑)
Posted by alu at 2007年12月05日 01:38
日本ですな村ポチで帰ります^^
Posted by pinsan at 2007年12月06日 23:27
pinsanさん>
こんばんは。
村ポチありがとうございます。
明日の朝便で戻ります。
もう寒いのはかなわんですわ^^
Posted by alu at 2007年12月07日 21:41
村ポチで帰ります^^
Posted by pinsan at 2007年12月08日 14:18
pinsanさん>
戻ってまいりました。
いや〜、暖かくて(暑い)いいですね!
村ポチありがとうございます。
Posted by alu at 2007年12月09日 01:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/70761491

この記事へのトラックバック
m(_ _)m 応援クリックお願いします m(_ _)m
     
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
ハートスペードダイヤクラブ
ブログランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。