Google

2007年12月25日

ラジオ局記者撃たれ死亡、ダバオ(フィリピン)

ダバオでも発生だ、ジャーナリスト殺人。

 ロイター通信によると、フィリピン・ミンダナオ島のダバオで24日、同国のラジオ局の記者3人が乗った車がバイクの男2人組に銃撃され、運転していた記者1人が死亡した。

 フィリピンで殺害された記者は今年5人目。2001年のアロヨ大統領就任以来、これまでに54人の記者が殺害され、ジャーナリストにとって最も危険な国の一つとされている。ダバオでの銃撃に対し大統領府は「犯人を必ず処罰する」との声明を発表した。(共同)

<<産経ニュースより>>

アロヨ大統領は、事件のあるたび「ジャーナリスト殺人には徹底して対応する」と言っているが有効な手段は取れてないのが実情で、状況は依然変っていない。

もっとも、日常的に発砲事件が発生する銃社会なので、根絶は不可能なのだろう。

フィリピンは危ない国、というレッテルが外れる日が来るのだろうか・・・
posted by alu at 03:42| Comment(6) | TrackBack(0) | 事件、犯罪、被害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この国殺人減りませんな!
Posted by pinsan at 2007年12月25日 17:57
pinsanさん>
こんばんは。
銃を使った殺人事件数は日本など比べものにならないでしょうね。
Posted by alu at 2007年12月26日 01:12
きれいな場所や良い人たちがいる良い国だと思うのですが、少数派の悪人や政治家などの引き起こす様々な事に国の評価が落とされ一般人が翻弄され苦しい生活を余儀なくされている…しかしいろんな意味でよくなる気配はないですね。
クリスマス、新年というこの時期少しでも多くの人達が楽しい時間を過せるように祈るのみです。
好きな国なのですが、滞在が長くなればなるほど悲しい国だなという気持ちが強くなっていくのは私だけでしょうか?
Posted by chanboo at 2007年12月26日 11:10
chanbooさん>
こんにちは。
日本人が、たまに来て遊んで帰る程度なら、とても楽しい国だと思います。
でも確かに、深く関わる程に、裏側が見えてきて「悲しい国だな」となりますね。
私も同感です。
Posted by alu at 2007年12月26日 16:37
銃規制は必ず厳しくしなければなりませんね…

銃が氾濫して喜ぶのはガンメーカーだけでしょう…

普通教育も義務化が必要でしょうね…
Posted by 裂空ミスキタ at 2007年12月28日 23:00
裂空ミスキタさん>
そうですね、子供の教育から変えていかないと、社会は変らんでしょうな。

ところで、返事が遅れてすみませんでした。
なにしろ、外の電話線が近所で切れていたんです!
おかげで数日間まったく電話もDSLも通じなかったんです。
は〜・・、とため息の年末です。


Posted by alu at 2007年12月30日 06:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/74514719

この記事へのトラックバック
m(_ _)m 応援クリックお願いします m(_ _)m
     
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
ハートスペードダイヤクラブ
ブログランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。