Google

2008年03月25日

いいかげんにしてくれ・・・選管幹部射殺

中央選管の法務部長代理、マニラ市で撃たれ死亡。
昨年11月には前任者も射殺


二十四日午後零時四十分ごろ、
首都圏マニラ市イントラムロスで、
中央選管法務部のウィニ・アスダラ部長代理(55)が
左胸を拳銃で撃たれ、搬送先の病院で死亡した。
2007年11月には、前任者のダライグ法務部長=当時=
が同市内で射殺されており、首都圏警察同市本部が関連を調べている。

<マニラ新聞より>

まったく、いいかげんにしてほしい(怒)

こうも簡単に銃で人が殺されていっていいものか?

毎朝起きて一番にマニラ新聞をwebで見るのだけれど

今日はこの記事を見て「またか・・」と怒りがこみ上げてきた。

世界から政治的殺人を非難されていると言うのに、

この国の政府は、大統領は、口先ばかりでなにも対策しない。

と言うか、影で政治的殺人を指図している可能性大である。

政策を非難するジャーナリスト達も相当数犠牲になっている。

しかし、国民はもっと怒るべきと思うのだが、これがまた、いまいち反応がにぶい。

これでは本当に世界から取り残されて行ってしまう。


・・今日はニュースをみて思わず書きなぐった次第でありました。
posted by alu at 06:38| Comment(4) | TrackBack(0) | 事件、犯罪、被害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
aluさん、こんばんは。
僕も今朝この記事をブログネタにしようと思ったのですが...、やめました。
あまりにバカらしくて...。
この国は一体どこを目指しているのでしょうか?
反体制派はエドサ何とか、ピープル何とかなんて格好付けて民衆の力をアピールしている割には、このザマです。
大統領以下官僚どもがバカなのはわかっていますし、あいつらのバカはどうせ一生治りません、つける薬はありませんから。
元俳優の妄想狂や某未亡人なんかの力を借りずに、本気で民衆の怒りや欲求を今こそ結集するときではないでしょうか?
それなのに伝わってくるのは、無気力感と、妄想狂の口車に乗せられた的外れな体制批判(というより次期大統領のイス狙い)。
いろいろ批判を受けるのを承知で書きます、
「国民が悪い!!!」。
Posted by Kenn at 2008年03月25日 20:47
Kennさん>
こんばんは。
まったくそのとうりだと思います。
末端を見ると、結局同じ構図なんですね。
これはもう「国民性」なんだと思います。
低い教育レベルに起因するところ大、
と考えます。
Posted by alu at 2008年03月25日 23:20
コメントのしようが有りませんね!!

『刀狩り』ならぬ『銃狩り』が必要デツ
Posted by 裂空ミスキタ at 2008年03月26日 00:58
裂空ミスキタさん>
ホント、もう呆れてしまう、というかバカバカしい限りデツ・・
Posted by alu at 2008年03月26日 06:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
m(_ _)m 応援クリックお願いします m(_ _)m
     
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
ハートスペードダイヤクラブ
ブログランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。