Google

2008年05月08日

ジリジリとペソ安ですねぇ・・

ペソが幾らか軟化して来ました。

原油価格急騰によるインフレ懸念から、かなり売られているようですね。

昨日のフィリピンペソは0.3%安の1ドル=42.39ペソ。

5日につけた昨年12月初旬以来の安値まで下落。

フィリピン中央銀行がペソ買い介入を実施した模様ですが、

依然として売り圧力が強いとの事。

マニラのあるトレーダーは、きょうの予想レンジを

1ドル=42.30─42.45ペソとし、42.50ペソが

テクニカル上の抵抗線になるとの見方を示したらしいのだけれど、

今現在は、1ドル=42.62と、すでに抵抗線を突破しました。

先月の物価上昇率は8%を越えたそうです。

最低賃金引上げの波が押し寄せつつある今、この国の経済情勢は

難しい舵取りの局面となって来ました。

外資企業としては、幾らかペソ安で、米ドルをペソ転して支払う

各種経費が少しでも薄まるかな、と思いきや、インフレで

物価上昇、賃金引上げでは更に厳しくなる事が予想されます。

どっちに転んでも厳しい環境は変わりませんなぁ・・・
posted by alu at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/96081849

この記事へのトラックバック
m(_ _)m 応援クリックお願いします m(_ _)m
     
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
ハートスペードダイヤクラブ
ブログランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。