Google

2008年05月11日

注目される「見えない絵画」比国から!

無学な私ゆえ知らないだけなのかもしれないけれど、

フィリピンに有名な芸術家が居る、とは聞いた事がない。
(おられたらすいません・・)

そんなフィリピンで今注目を集めている画家がいる。

エド・アラゴンさんである。

なんと、見えない絵を書く画家なのだ。

以下、FNNニュースより。

★---------------------------

【フィリピンで特殊な絵の具を使用した「見えない絵画」が注目集める】

一見、真っ白で何も描かれていないキャンバスだが、

明かりを消して紫外線を当てると絵が浮かび上がる。

制作したのは、フィリピン人画家のエド・アラゴンさんで、

2004年から紫外線にのみ反応する特殊な絵の具を使った絵画制作に

取り組んでいる。

2007年から作品の販売を始め、1点、日本円にして5万円前後で

買われているという。

その独創的な手法に専門家の評価も高く、アラゴンさんは、

「自分の作品がほかの芸術家の良い刺激になれば」と話している。

<FNNニュースはこちらから>

----------------------------★

おもしろいですね、この絵は。

フィリピンが世界に注目されるのは良い事です。

アラゴンさんには益々頑張ってほしいですね。





posted by alu at 22:55| Comment(6) | TrackBack(0) | 社会一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
世界からの注目を浴びるような人材がこの国に残り次の人材、世代に何かを伝えていってくれるようになると良いのですが…世界に出てしまい何も残らない…そんな情勢が変わることを望んでいます。
弊社の主軸であったスタッフがまた一人海外へ出て行くために去って行きました…
Posted by chanboo at 2008年05月12日 22:36
chanbooさん>
そうなんですよね、優秀な人は皆、外国へ行ってしまいます。
有能なスタッフが海外出稼ぎに行くと言い出したら止められませんね。
なにしろ海外のほうが遥かに高給なので、給料を2〜3倍多くしてあげたとしてもおっつきません・・・
Posted by alu at 2008年05月13日 00:01
ほう〜一度拝見したいものですね。
Posted by pinsan at 2008年05月13日 04:38
pinsanさん>
ユニークですよね。
私も見たいな、と思っています。^^
Posted by alu at 2008年05月13日 06:16
キャンパスに描かれたのが良いですね。ちなみに、ラブホテルの壁が同じ様になってるの知ってます。
こっちは取り壊されたら残りませんね・・・
Posted by taka at 2008年05月14日 22:07
takaさん>
ラブホの壁に描かれているんですかぁ・・
なんだかな〜、ですな。^^
Posted by alu at 2008年05月14日 23:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
m(_ _)m 応援クリックお願いします m(_ _)m
     
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
ハートスペードダイヤクラブ
ブログランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。